製品案内 Product

月見草エキス(抗糖尿病)

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
月見草エキス-P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
月見草エキス-WSPS水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
月見草エキス-PC粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
月見草エキス-LC液体キュービーテナーダンボール包装5kg化粧品
月見草油ブリキ缶天地パット16kg食品・化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

月見草エキスの原料

一般に月見草と呼ばれているものは以下の4種類です。月見草エキスは、メマツヨイグサを原料としています。

・マツヨイグサ (Oenothera striata)
・メマツヨイグサ (Oenothera biennis)
・コマツヨイグサ (Oenothera laciniata)
・オオマツヨイグサ (Oenothera erythrosepala)

月見草エキスの食経験

月見草は、古くから北米や中国で栽培されています。月見草種子はγ-リノレン酸の原料として広く使われています。全草および葉の抽出物は、お茶として飲用されています。また、根はピクルスとして食され、種子はスープに混ぜて飲まれ、あるいはマフィンに練り込んで食されます。このように、月見草は、世界各地で古くからの食経験がある食品であるといえます。

ポリフェノール含量

月見草種子抽出物と、ポリフェノール含量が高いといわれているバナバ葉、グァバ葉、ブドウ種子、ギムネマ葉抽出物のポリフェノール含量を測定しました。その結果、月見草エキスには他に類のない、きわめて多くのポリフェノールが含量されていることを確認しました (図1)。

図1. 各植物抽出物中のポリフェノール含量 (没食子酸当量)

月見草エキスに含まれるポリフェノール類

月見草エキスに含まれるポリフェノール類には、没食子酸、エラグ酸、ペンタガロイルグルコース、カテキン、プロアントシアニジンなどがあります (図2)。

図2. 月見草エキスに含有される主なポリフェノール類

安定性データStability Data

熱安定性

月見草エキスのポリフェノール類は、通常の食品加工温度に対して安定です。

pH安定性

月見草エキスのポリフェノール類は、酸性から中性において安定です。

安全性試験データSafety profile

残留農薬

原料である月見草種子について,現地生産者に農薬不使用である旨を確認するとともに(本製品に使われる月見草は野生品です),毒性の強い農薬に関しては分析を行い,安全性を確認しています。

分析項目結果検出限界分析方法
BHC検出せず0.02ppmガスクロマトグラフ法
DDT検出せず0.02ppmガスクロマトグラフ法
アルドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
デイルドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
エンドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
ダイアジノン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法
パラチオン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法
マラチオン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成12年8月24日
試験成績書発行番号 第300080303-001号

急性毒性試験

5週齢のSD系ラット雌雄各17匹に月見草エキスを5,000 mg/kgの用量で経口投与しましたが、観察期間を通じ、それらの死亡は認められませんでした。また、体重変化、および試験終了後の剖検における異常は認められませんでした。ラットに対する月見草エキスの致死量 (LD50) は5,000 mg/kg以上です。

復帰突然変異試験(Ames試験)

Salmonella typhimurium (ネズミチフス菌) 菌株及びEsherichia coli (大腸菌) 菌株を、Amesのプレート法を用いて検討しました。その結果、代謝活性化のある場合およびない場合のいずれにおいても、復帰変異体コロニーの出現頻度に有意な増加はみられませんでした。月見草エキスは非変異原性であると考えられます。

染色体異常試験

月見草エキスはCHL/IU細胞に対して染色体異常誘発性を示しませんでした。

マウスにおける小核試験

月見草エキスを投与した動物に、小核を有する多染性赤血球の出現頻度に有意な増加は認められませんでした。 月見草エキスは、非遺伝毒性であると考えられます。

月見草エキスの栄養成分Nutritional profile

分析項目月見草エキス-P月見草エキス-WSPS
水分1.5 g2.0g
タンパク質6.6g8.3g
脂質4.9g0.2g
灰分3.7g20.7g
糖質82.3g59.7g
食物繊維1.0g9.1g
ナトリウム14.4mg96.5mg
エネルギー400kcal274kcal

試験機関 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成12年8月25日・平成13年6月21日
試験成績書発行番号 第300080303-002号+第301060141-001号

推奨摂取量Recommended dosage

月見草エキス-P、-WSPSとも、100~300 mg/食事の摂取をおすすめします。

応用例Application Example

利用方法具体例
サプリメント形状食品ソフトカプセル,錠剤,ハードカプセル等
加工食品キャンディー、チューイングガム、グミ、錠菓、クッキー、チョコレート、ウエハース、ゼリー、ドリンク等
化粧品石鹸、洗顔料、シャンプー、リンス、化粧水、ローション、ファンデーション、リップクリーム、口紅、歯みがき等