製品案内 Product

キウイ種子エキス Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
キウイ種子エキス-P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
キウイ種子エキス-WSP水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
キウイ種子エキス-PC粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
キウイ種子エキス-WSPC水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
キウイ種子エキス-LC液体キュービーテナーダンボール包装5kg化粧品
キウイフルーツ油ブリキ缶ダンボール包装16kg食品・化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

キウイフルーツ(Actinidia chinensis Planch.)は,中国の中・南部が原産であり,20世紀に入ってからニュージーランドに渡り,優れた品種が多く育成されてきました。果実の外観がニュージーランドの国鳥「KIWI」の幼鳥に似ていることからキウイフルーツと名付けられました。1966年に日本に紹介された後,1970年代後半から栽培が始まり,現在は年間4万t前後の生産量があります。

キウイは雌雄異株のつる性植物であり,果実は卵状もしくはほぼ球形の液果です(図1)。開花期は4~6月で,8~10月に結実します。自生品は,山の斜面,林の周辺,あるいは低木の茂みの中に生えます。中国では彌猴桃(ビコウトウ)と呼ばれ,漢方薬として用いられています。

オリザ油化のキウイ種子エキスとキウイフルーツ油は,食品や化粧品の配合原料として,幅広くご利用頂けるものと考えています。

図1. キウイ果実と種子

当社において,キウイ種子から油を抽出し,脂肪酸組成を調べたところ,キウイフルーツ油には,α-リノレン酸が豊富に含まれていることが確認されました。また,トコトリエノールとトコフェロールが含有されていることも明らかになりました。

一方,その他の成分の研究はほとんど行われていませんが,キウイ種子と種子以外(果皮,果肉)の部分から得られたエキスのポリフェノール含量を測定した結果,種子に一番多くのポリフェノールが含まれていることが,明らかになりました(図2)。そこで,キウイ種子エキスに含有されるポリフェノールの単離・精製を行った結果,これまでにフラボノール配糖体のquercitrinとkaempferol 3-O-rhamnosideを単離同定しました(図3)。

図2. キウイ含有ポリフェノール量の部位別比較

図3. キウイ種子エキスの含有成分

キウイフルーツ油

キウイ種子から抽出された油には,既存の油とは異なり,優れた特徴があることが明らかになりました。キウイフルーツ油の脂肪酸組成を測定したところ,シソ油と同様にn-3系不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸が,豊富に含まれていることが明らかになりました。また,トコトリエノールやトコフェロールも含有されていることが明らかになりました。キウイフルーツ油は,多機能が期待できる油として食品や化粧品にお使い頂けるものと考えています。

脂肪酸組成
 キウイフルーツ油シソ油
パルミチン酸6.2%6.7%
ステアリン酸2.3%1.8%
オレイン酸15.6%19.6%
リノール酸15.8%12.0%
α-リノレン酸59.8%59.9%

安定性データStability Data

熱安定性

キウイ種子エキス(賦形剤無添加品)の熱安定性を検討した結果,ポリフェノール含量は,1時間の加熱(100及び120℃)によっても変化がみられず,通常の食品加工温度に対して安定であることが分かりました。

pH安定性

キウイ種子エキス(賦形剤無添加品)を40%エタノールに溶解させ,pH調整し,非遮光下,室温で1日および1週間保存後,ポリフェノール含量を測定しました。キウイ種子エキス中のポリフェノールは酸性では安定であり,アルカリ性で1.5割程度の含量の減少が,1週間保存後ではアルカリ性で3割程度の含量低下が確認されました。

液剤安定性

キウイ種子エキス-WSP(粉末・水溶性グレード)について,0.4%水溶液(pH3.5)を調製し,室温(非遮光下),25℃(遮光),40℃(遮光),5℃(遮光)で2週間保存し,沈殿,濁り,着色の有無を目視で確認しました。キウイ種子エキス-WSPの液剤安定性は酸性域において極めて高いことがわかりました。

 液剤安定性(0.4%水溶液,pH3.5条件下)
 室温
(光照射)
25℃
(遮光)
40℃
(遮光)
5℃
(遮光)
沈殿濁りなしなしなしなし
着色なしなしなしなし

安全性試験データSafety profile

残留農薬

キウイ種子エキス(賦形剤未添加品)について、食品衛生法および農薬取締法に準じて、447項目の農薬の有無を調べました。その結果、全項目について基準値(検出限界値)以下であることが判明しました。

試験依頼先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター
試験成績書発行年月日:平成19年3月16日
依頼番号:10735

急性毒性(LD50

絶食したICR系雌雄マウス(体重30 g前後,5週齢)に,キウイ種子エキス(2000 mg/kg,賦形剤無添加品)を経口投与し,14日間観察しました。その結果,死亡例や体重推移の異常(対照群との比較)は認められず,試験終了後に行った剖検においても,臓器の肉眼的異常は認められませんでした。したがって,キウイ種子エキスのマウスにおけるLD50値は,2000 mg/kg以上です。

また,キウイフルーツ油のLD50値は,5000 mg/kg以上です。

変異原性試験 (Ames試験)

ネズミチフス菌(Salmonella typhimurium)TA100,TA98を用いてS9mix存在下及び非存在下でキウイ種子エキス(賦形剤未添加品)のAmes試験を行いました。結果、19.5~5000 μg/plateの濃度において変異原性は認められませんでした。

皮膚一次刺激性試験

3匹の家兎の皮膚に,溶解したキウイ種子エキス−PC(0.5 g)を塗布し,4時間接触させた後,1,24,48および72時間後,7,10および14日後を観察しました。その結果,キウイ種子エキス−PCは、家兎の皮膚に対して無刺激でした。

ヒトパッチ試験

18歳~71歳の女性21名及び18歳~78歳の男性9名に対し,キウイ種子エキス−PC(5 mg/5μL)を皮膚に24時間塗布しました。塗布後,24,48および72時間後に皮膚の観察を行った結果,ヒトの皮膚に対する刺激性は認められませんでした。

連続皮膚刺激性試験

22歳~76歳の女性18名及び20歳~77歳の男性12名に対し,キウイ種子エキス−PC(5 mg/15μL)を皮膚に24時間塗布しました。その後,48および72時間後にも同様に塗布しました。塗布後,1,3および7週間後に皮膚の観察を行った結果,ヒトの皮膚に対する刺激性は認められませんでした。

キウイ種子エキスの栄養成分Nutritional profile

分析項目結果分析方法
水分1.0g/50g 減圧加熱乾燥法
タンパク質0.8g/50g1ケルダール法
脂質0.4g/50g 酸分解法
灰分0.8g/50g 直接灰化法
炭水化物47.0g/50g2 
エネルギー195kcal/50g3修正アトウォーター法
食物繊維0.03g/50g プロスキー法
ナトリウム6.5mg/50g 原子吸光光度法
食塩相当量0.02g/50g ナトリウム換算値
注1)
窒素・タンパク質換算係数:6.25
注2)
栄養表示基準(平成15年厚生省告示第176号)による
計算式:50 – (水分+タンパク質+脂質+灰分)
注3)
栄養表示基準(平成15年厚生省告示第176号)による
エネルギー換算係数:タンパク質 4; 脂質 9; 糖質 4; 食物繊維2

試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:平成17年8月18日
依頼番号:第200508050029号

推奨摂取量Recommended dosage

一日あたりキウイ種子エキス-P,-WSPとして,50~100 mgの使用をおすすめします。

応用例Application Example

 利用分野剤形
食品加工食品飲料(清涼飲料水,ドリンク等),ハードおよびソフトカプセル,タブレット,キャンディー,チューインガム,グミ,クッキー,チョコレート,ウエハース,ゼリー等
化粧品美容化粧品化粧水,ローション,パック,ボディジェル等