製品案内 Product

オリザペプチド Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
オリザペプチド-P60水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装1kg・5kg食品
オリザペプチド-PC60水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装1kg・5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

日本人の米の年間消費量は約60kgと言われており、最も食する機会の多い主食です。米は生命活動を維持するための重要な糖質供給源であり、またオリザノール・フェルラ酸・トコトリエノール、セラミド、ギャバなどの宝庫でもあります。

糖質および機能性成分の供給源としての重要性もさることながら、米は実は非常に重要なたんぱく源でもあることが指摘されています。玄米及び精白米のたんぱく質含量はそれぞれ6.8、6.1 %と高くはありません。しかしながら、主食として多くの量をコンスタントに食しているために米からのたんぱく質摂取量は無視出来ない量となり、「日本人が摂取するたんぱく質の約15%を米から摂取している」とも言われています。

「オリザペプチド-P60」は、米たんぱく質を酵素分解して得られる米ペプチドを主成分とする水溶性粉末です。オリザプロテイン®の栄養価値はそのままで、格段に水溶性を高めた新しい食品素材です。

オリザペプチドは、栄養価値の高い素材としてはもちろんのこと、食味食感改善素材としても幅広いアプリケーションでご利用いただける素材です。是非ご活用下さい。

安定性データStability Data

pH安定性

オリザペプチド-P60は酸~中性域で安定であり、アルカリ域では1割弱の含量低下が認められました。

図1. オリザペプチド-P60溶液のpH安定性

方法:オリザペプチド-P60を蒸留水に溶解し、希塩酸または希アルカリでpH調整後、非遮光下・室温で保存した。3日間保存後、ペプチド含量を測定した。

安全性試験データSafety profile

残留農薬

オリザペプチド-P60について、食品衛生法および農薬取締法に準じて、518項目の農薬の有無を調べました。その結果、全項目について基準値(検出限界値)以下であることが判明しました。
試験依頼先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター
試験成績書発行年月日:平成21年9月25日
依頼番号:33400

急性毒性(LD50)

オリザペプチド-P60 5,000 mg/kgを、絶食した雌雄マウス(ddY,体重30 g前後,5週齢)に経口投与し14日間観察しました。その結果、死亡例や体重推移の異常(対照群との比較)は認められず、試験終了後に行った剖検においても臓器の肉眼的異常は認められませんでした。したがって、オリザペプチド-P60のマウスにおけるLD50値は5,000 mg/kg以上です。

表1. オリザペプチド-P60の栄養成分

分析項目可食部100gあたりの成分分析方法
 オリザペプチド-P60 
エネルギー371/kcal修正アトウォーター*
たんぱく質65.8/g燃焼法(タンパク質換算係数:5.95)
脂質0.1/g酸分解法
炭水化物26.7/g100g – (たんぱく質+脂質+水分+灰分)
ナトリウム36/mg原子吸光光度法
食塩相当量0.1/gナトリウム換算値
水分2.8/g減圧加熱乾燥法
灰分4.6/g直接灰化法
食物繊維1.0/gプロスキー法

*エネルギー換算係数:タンパク質 4; 脂質 9; 糖質 4; 食物繊維2

「オリザペプチド-P60」
試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:平成21年9月25日
依頼番号:第200909090044号

推奨摂取量Recommended dosage

製品推奨摂取量
オリザペプチド-P60500~1,000mg/日
100~200mg/日

応用例Application Example

 利用分野剤形
食品加工食品飲料(清涼飲料水、ドリンクなど)
ハードおよびソフトカプセル、タブレットなど
キャンディー、チューインガム、グミ、ゼリーなど
パン、クッキー、チョコレート、ウエハースなど
ハム、ソーセージなど
化粧品美容化粧品化粧水、ローションなど
シャンプー、リンス、トリートメントなど
パック、ボディジェルなど