製品案内 Product

オリザステロール Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
オリザステロール−P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
オリザステロール−PC粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
オリザステロール−L液体キュービーテナーダンボール包装5kg食品
オリザステロール−LC液体キュービーテナーダンボール包装5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

ステロイドは,シクロペンタノヒドロフェナントレン環 (C17H28) を持つ化合物の総称です。この中で,特に3位に水酸基を持ち,炭素数27~30のものをステロールとよんでいます。ステロールは動植物界に広く分布し,遊離型,脂肪酸エステル型および配糖体型として存在しています。動物においては,炭素数27のコレステロールが代表的な成分であり,植物においてはβ−シトステロール,スチグマステロール,カンペステロールが主成分となっています (図1)。

ステロールは脂溶性の成分であり,多くが油脂中に存在しています。いくつかの食用油に含まれる植物ステロールの量を分析したところ,コメ油中に最も多く見出され,ナタネ油のほぼ2倍,パーム油の20倍以上を含有していることが分かりました (図2) 1)

近年,大豆,とうもろこし,菜種,綿実などの遺伝子組み換え農作物の安全性が大きな問題となっています。オリザステロールは100%米由来であるため,遺伝子組み換え作物が混入するおそれはありません。また,卵,小麦,そば,落花生,乳,大豆など,アレルギー物質を含む食品には表示義務や奨励がありますが,米にはアレルギー発症例が少なく,アレルギー表示を必要としません。

図1. 主なステロール

図2. 植物油脂 (精製油) 中のステロール量

コレステロールは生体構成成分の一種であり,欠かすことのできない栄養素です。しかしながら,動物性脂肪に含まれる過剰のコレステロール,特にLDL (悪玉ステロール) は動脈硬化を引き起こし,狭心症,心筋梗塞,脳卒中,脳血栓など,循環器疾患の大きな危険因子となります。実際,多くの人がタンパク質,脂質,糖質の過剰摂取,ストレスおよび運動不足などから循環器疾患を患い,世界の死因の第一位を占めるようになりました。日本でも死因の上位を占めています。このような背景から,日本動脈硬化学会はコレステロール管理のガイドラインを発表し,高コレステロール血症への対処方法として,まず食事と運動による予防や改善を提案しています。

安定性データStability Data

熱安定性

オリザステロールは,通常の食品加工温度に対して安定です。

pH安定性

オリザステロールは,幅広いpH域で安定です。

カフェオイルグルコース,初期 値を100とした時の相対含量 PH初期 1週間後

95%エタノール溶液 (pH 6.8) のステロール濃度を100%とした。

安全性試験データSafety profile

急性毒性 (LD50)

体重約30 g,5週齢のICR系雄性マウスに2000 mg/kgのオリザステロールを14日間継続的に経口投与しました。その結果,コントロール群と比較して異常な体重変化はみられず,また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。したがって,マウスに対するオリザステロールのLD50値は2000 mg/kg以上です。

残留農薬

オリザステロールの原料である米については、全て日本原産であり、農林水産省において毎年全国の米産地別の残留農薬試験を実施しており,いずれも基準値以下という結果が公表されております。

オリザステロールの栄養成分Nutritional profile

詳しい情報が必要な方はお気軽にお問い合わせください。

推奨摂取量Recommended dosage

オリザステロール-Pを食品,食品添加物として摂取する場合,500 mg/日の摂取量をおすすめします。

応用例Application Example

利用方法具体例
健康食品ソフトカプセル,錠剤,ハードカプセル等
食品キャンディー,グミ,錠菓,クッキー,ウエハース,ドリンク等
化粧品シャンプー,リンス,ファンデーション,クリーム,乳液, 石鹸,洗顔料,化粧水,口紅,ローション等