製品案内 Product

γ-オリザノール Product name

製品情報 Product

製品名内装外装重量用途
γ-オリザノールポリ袋ダンボール包装、缶1kg
5kg
医薬品、食品添加物、化粧品
オリザガンマーミルキーキュービーテナーダンボール包装5kg食品添加物、化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

γ-オリザノールは,米糠油および米胚芽油に特有の物質で,米糠油または米胚芽油から抽出、精製される粉末です。単一物質ではなく,フェルラ酸に数種のトリテルペンアルコールがエステル結合した物質の混合物です(図1)。

オリザノールはもともと,動物に対して栄養およびその他の効果を有する物質の総称とされ,1954年に金子および土屋らにより発見・単離されました1-5)

γ-オリザノールの研究について数多くの報告があり、最近では医薬品のみならず、化粧品、食品添加物への応用と、広範囲に渡り使用されています。

引用文献

1) 金子良平,土屋知太郎,東京工業試験所報告,49,142 (1954).
2) 金子良平,土屋知太郎,工業化学雑誌,57,526 (1954).
3) 土屋知太郎,加藤秋男,遠藤拓治,東京工業試験所報告,51,359 (1956).
4) 遠藤富夫,上野喜一郎,稲葉弥之助,油化学,17,344 (1968).
5) 遠藤富夫,三栖牧,稲葉弥之助,油化学,18,255 (1969).

図1. γ-オリザノールの構成成分

オリザガンマ―ミルキー の特徴

γ―オリザノールは水に難溶で熱エタノールに可溶、グリセライドに2%程度溶解し、ラノリン又はレシチン等に溶解しやすい性質を有します。
上記溶解特性により、γ―オリザノールを水系の食品または化粧品に応用することは困難とされてきました。
しかしながら、弊社はγ―オリザノールの水溶性エマルジィン化した製品開発に取り組み、弊社独自の乳化技術開発に成功し、商品名「オリザガンマ―ミルキー」として商品化するに至りました。

【特徴】
1)γ―オリザノールの含量を5%以上の高濃度に高めて、より使いやすい組成に製剤化してあります。
2)乳化安定性は特にpHが酸性域で安定です。

安定性データStability Data

詳しい情報が必要な方はお気軽にお問い合わせください。

安全性試験データSafety profile

急性毒性

矢原ら1) は,マウスおよびラットに対し,γ-オリザノールを経口(10,000 mg/ kg),腹腔内(10,000 mg/ kg)および皮下(500 mg/ kg)投与を施した結果,死亡例は認めず,体重,一般症状,解剖所見に異常が見られなかったと報告しています。

慢性毒性

ラットを用いた6ヶ月の経口投与(30-1000 mg/kg)試験の結果,異常所見は見つからなかったことが報告されています。2)

催奇形性

γ-オリザノール(6および600 mg/kg)を妊娠期のマウスおよびラットに投与した結果,胎仔の催奇形性は認められませんでした。3)

発癌性

γ-オリザノールを,マウスに72週間,ラットに2年間それぞれ経口投与(2000 mg/kg)した結果,発癌性は認められなかったと報告されています。4, 5)

皮膚刺激性(パッチテスト)

γ-オリザノール1%含有軟膏について,パッチテストにおける低刺激性が報告されています。6)

引用文献

1) 矢原宮吉ら,γ-oryzanol (γ-OZ) の安全性に関する研究急性毒性試験,基礎と臨床,7,2781-85 (1973)
2) 羽里彦左衛門ら,γ-オリザノール(オリバー錠)の慢性毒性試験,基礎と臨床,8, 3417-35 (1974).
3) 丸岡久雄ら,γ-oryzanolの毒性試験γ-oryzanolのマウスラットの胎仔および新生仔におよぼす影響,基礎と臨床, 6, 1717-31 (1972).
4) Tamagawa M., et al., Carcinogenicity study of γ-oryzanol in B6C3F1 mice. Food Chem. Toxicol. 30, 49-56 (1992).
5) Tamagawa M., et al., Carcinogenicity study of γ-oryzanol in F344 rats. Food Chem. Toxicol. ,30, 41-8 (1992).
6) 小林敏夫ら,γ-オリザノル配合軟膏の臨床効果の検討,皮膚,21, 123-34 (1979).

γ-オリザノールの栄養成分Nutritional profile

分析試験項目結果検出限界分析方法
水分0.2 g/ 100 g  常圧加熱乾燥法
タンパク質0.1 g 未満 1ケルダール法
脂質99.8 g/ 100 g  エーテル抽出法
灰分0 g/ 100 g  直接灰化法
糖質0 g/ 100 g 2 
エネルギー898 kcal/ 100 g 3 
食物繊維検出せず0.5g/100g4酵素-重量法
ナトリウム検出せず0.1mg/100g 原子吸光光度法
注1)
窒素・タンパク質換算係数:6.25
注2)
栄養表示基準(平成8年厚生省告示第146号)による換算式
100-(水分+タンパク質+脂質+灰分+食物繊維)
注3)
栄養表示基準(平成8年厚生省告示第146号)によるエネルギー換算係数
タンパク質,4;脂質,9;糖質,4
注4)
AOAC法によった。

試験依頼先:財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日:平成10年12月14日
依頼番号:第398110460-001号

推奨摂取量Recommended dosage

詳しい情報が必要な方はお気軽にお問い合わせください。

応用例Application Example

利用方法具体例
医薬品ソフトカプセル、錠剤、ハードカプセル等
化粧品石鹸、洗顔料、シャンプー、リンス、化粧水、ローション、ファンデーション、リップクリーム、口紅、歯みがき等