製品案内 Product

レスベラトロール Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
レスベラトロール-P5粉末アルミ袋ダンボール包装1kg食品
レスベラトロール-WSP0.5水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
レスベラトロール-PC5粉末アルミ袋ダンボール包装1kg化粧品
レスベラトロール-WSPC0.5水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 原料・素材について
  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

効果・効能を見る

安定性データStability Data

熱安定性

レスベラトロール-P5の熱安定性を検討しました。120℃で1時間加熱処理を行いましたが,レスベラトロール,ポリフェノール含量は減少しませんでした。

図1. レスベラトロールの熱安定性

また,清涼飲料水を想定した溶液 (10%ショ糖,クエン酸酸性溶液 pH4) にシクロデキストリン包摂レスベラトロールを0.1%または0.03%溶解したものの熱安定性を検討しました。80℃において加熱処理を行いましたが,レスベラトロール,ポリフェノール含量は減少しませんでした。

図2. レスベラトロール水溶液の熱安定性 (蒸散重量補正後)

pH安定性

シクロデキストリン包摂レスベラトロールの0.1%水溶液を各pHに調製し,非遮光下,室温で1週間保存後,レスベラトロール,ポリフェノール含量を測定しました。その結果, 酸性から中性領域においてレスベラトロール,ポリフェノール含量は減少しませんでした。

図3. レスベラトロール水溶液のpH安定性 (非遮光,1週間)

製剤安定性

清涼飲料水を想定した溶液 (10%ショ糖,クエン酸酸性溶液 pH4) にシクロデキストリン包摂レスベラトロールを0.1%溶解したものを調製し,室温 (非遮光下),25℃ (遮光),40℃ (遮光),5℃ (遮光) で1週間保存し,沈殿,濁り,着色の有無を目視で確認しました。レスベラトロールの液剤安定性は,酸性域において極めて高いことがわかりました。

 液剤安定性 (0.1%水溶液,pH4)
室温
(光照射)
25℃
(遮光)
40℃
(遮光)
5℃
(遮光)
沈殿
濁り
なしなしなしなし
着色なしなしなしなし

安全性試験データSafety profile

残留農薬

レスベラトロール-P5について,食品衛生法および農薬取締法に準じて,447項目の農薬の有無を調べました。その結果,全項目について基準値 (検出限界値) 以下であることを確認しました。

試験依頼先:株式会社マシス
試験成績書発行年月日:平成19年7月2日
依頼番号:12590

急性毒性試験 (LD50)

医薬品の単回投与毒性試験ガイドラインに従い,動物に負担のかからない許容最大量である2000 mg/kgのレスベラトロール-P10 (レスベラトロール10%含有品) を,絶食下のddY系雌雄マウス (5週齡) に経口投与し,14日間飼育+観察を行いました。その結果,死亡例や体重推移の異常 (対照群との比較) は認められず,試験終了後に行った剖検においても,臓器の肉眼的異常は認められませんでした。したがって,レスベラトロール-P10のマウスにおけるLD50値 (経口) は,雌雄ともに2000 mg/kg以上です。また,レスベラトロール-P5,WSPにつきましては,レスベラトロール含量がP10よりも少ないことから,マウスにおけるLD50値 (経口) は,雌雄ともに2000 mg/kg以上であると推察されます。

亜急性毒性試験

Sprague-Dawley系ラットに,レスベラトロールとして20 mg/kg/day (レスベラトロール-P5として400 mg/kg/day相当量) の用量で28日間の反復投与を行った結果,生化学的パラメータに異常がみられなかったこと,試験終了後に行った剖検において臓器の肉眼的異常は認められなかったことが報告されています。

The daily oral administration of high doses of trans-resveratrol to rats for 28 days is not harmful.
「28日間にわたる高用量トランスレスベラトロールの経口投与は有害ではない」
J. Nutr., 132(2), 257-260, 2002.

小核試験 (変異原性試験)

レスベラトロール-P5 (2,000 mg/kg) を1回経口投与した動物に,小核を有する多染性赤血球の出現頻度に有意な増加は認められませんでした。レスベラトロール-P5は,非変異原性であると考えられます。

レスベラトロールの栄養成分Nutritional profile

レスベラトロール-P5

分析項目結果分析方法
水分3.0g/100g 減圧加熱乾燥法
タンパク質2.4g/100g1ケルダール法
脂質1.8g/100g 酸分解法
灰分25.1g/100g 直接灰化法
炭水化物87.7g/100g2 
エネルギー377kcal/100g3修正アトウォーター
食物繊維5.1g/100g プロスキー法
ナトリウム150mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量0.4g/100g ナトリウム換算値
注1)
窒素+タンパク質換算係数:6.25
注2)
計算式:100 – (水分+タンパク質+脂質+灰分)
注3)
エネルギー換算係数:タンパク質 4; 脂質 9; 糖質 4; 食物繊維2

試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:平成19年6月28日
依頼番号:第200706150036号

推奨摂取量Recommended dosage

一日あたりレスベラトロール-P5として20~40 mg,レスベラトロール-WSP0.5として200~400 mgの使用をおすすめします。この値は,フランス人成人が一日に消費するワインに含有されるレスベラトロールの量を参考にして設定しました。

応用例Application Example

 用途剤形
食品飲料 (清涼飲料水,ドリンク等),ハードおよびソフトカプセル,タブレット,キャンディー,チューインガム,グミ,クッキー,チョコレート,ウエハース,ゼリー等
化粧品化粧水,ローション,パック,ボディジェル等

各種溶媒に対する溶解性 (室温)

製品仕様含水エタノールグリセリン食用油
-P5××
-WSP0.5××

化粧品用途におけるレスベラトロールのグリセリン溶液,1,3-ブチレングリコール溶液は,ご相談に応じます。