ニュースリリース New Releases

ニュースリリース New Releases

新製品「アグアヘエキス」のカタログが出来上がりました。

魅惑のアマゾンフルーツ「アグアヘエキス」のカタログが出来上がりました。ご希望の方は,お問い合わせ画面からご請求ください。

新製品発表 Ifia Japan 2018

来る5月16日から18日に,東京ビッグサイト(東1・2ホール)で開催されるIfia Japan 2018において,女性ホルモン素材「アグアヘエキス」とダイエット素材「イサダオイル」を発表します。また出展者プレゼンテーションは以下の通りです。ぜひご来場ください。

5月16日 第2会場

15:55~ TVで話題になったあのフルーツのエストロゲン成分が明らかに!魅惑のペルーアマゾンフルーツ「アグアヘエキス」のご紹介

16:20~ 国産クリルオイル イサダの新規機能性成分を解明!抗肥満作用物質「8-HEPE」とともに「三陸 ツノナシオキアミ」をご紹介

 

5月17日

第2会場

10:55~ 機能性表示食品を視野に尿酸値・頻尿対策!臨床データを中心に解説 シーベリーエキス・菊の花エキス

トータルビューティーコーナーセッション Ifia/HFE会場②

14:25~ トータル美容に大切な2つの要素!お肌の乾燥対策と睡眠の質を改善! オリザセラミド®,パッションフラワーエキス

 

5月18日 第2会場

15:30~ オリザが提供する機能性表示食品対応素材 最新のSR・ヒト臨床試験を一挙公開! 今年の注目原料はズバリ!目の渇きと目の疲労感に効く世界初素材MaquiBright®

ブロッコリースプラウトエキス成分の論文が掲載されました。

ブロッコリースプラウトエキスに含まれるグルコシノレートの抗カルボニル化作用に関する論文が掲載されました。

Hirano M., Takeda S., Hitoe S, Shimoda H., Glucosinolates and Isothiocyanates from Broccoli Seed Extract Suppress Protein Glycation and Carbonylation. Functional Foods in Health and Disease 2018; 8(1): 35-48.

 

シーベリーエキスの臨床論文が掲載されました。

シーベリーエキスの日本人健常者を対象とした排尿に伴う不快感に関する臨床試験論文が,Functional Foods Health and Diseaseに掲載されました。

Takara T., Yamamoto K., Suzuki N., Shimoda H. Seaberry extract with ursolic acid improves anxiety about urinary dysfunction in Japanese adults. Functional Foods Health and Disease, 7, 901-922 (2017).

 

第7回食品薬学シンポジウム

10月28日(土),29日(日)に,京都薬科大学で開催される食品薬学シンポジウムにおいて,シーベリーエキスの過活動膀胱抑制作用の発表を行います,

食品薬学シンポジウムのホームページ

http://labo.kyoto-phu.ac.jp/syouyaku/shokuyaku7/intro.html

第10回セラミド研究会

10月19日(木),20日(金)の両日,北海道大学で開催されるセラミド研究会において,下記の発表を行います。

コメ由来グルコシルセラミドとイチゴ種子エキスに関する研究開発

セラミド研究会の案内:http://www.ceramide.gr.jp/meeting/

食品開発展2017出展のご案内

10月4日から3日間東京ビッグサイトで開催の「食品開発展2017」をご案内いたします。

オリザ油化は、米油メーカーとして米油の健康機能を訴求するばかりでなく、世界の種々な植物の健康機能を科学的に追求し、エビデンスと共に皆様にご提供させて頂きます。

玄米由来成分の、γ‐オリザノール、ギャバ、セラミド、トコトリエノール、等はもちろん、オンリーワン商品の桜の花エキス、各種ベリーのエキス、フコキサンチンをはじめとする各種カロテノイド等をご紹介させて頂きます。

場所:東京ビッグサイト 西1・3・4ホール&アトリウム

期日:2017年10月4日(水)5日(木)6日(金)10:00-17:00
オリザ油化は、西1ホール 1-106 ブースにおいて出展予定です。

また下記日程にてプレゼンテーション(聴講無料)を行います。
10月4日(水)A会場(1ホール)
14:30-15:20 (1)オリザの機能性表示対応素材セラミド、ギャバ、ルテイン、月見草他 最新情報のご紹介。
(2)特許取得原料「黒ショウガエキス」のAMPK活性作用と運動機能向上・抗ロコモ作用。(機能性表示対応)

10月5日(木)A会場(1ホール)
11:00-11:20 世界初!微細藻類由来フコキサンチン「フコレックスTM」の機能性について。
15:00-15:20 〜生活リズムを改善〜 パッションフラワーの体内時計調節・睡眠改善作用

10月6日(金)A会場(1ホール)
11:00-11:20 ヒト試験完了!「シーベリーエキス」、「菊の花エキス」の機能性表示 最新情報について"
14:30-14:50 オリザの〜トータルビューティーケア素材〜(イチゴ、セラミド、桜、ブロッコリー、リンゴンベリー、ライチ他) 

注目製品の最新情報をお届けいたします。

どうぞお立ち寄りください。

 

 

 

 

パッションフラワーエキスの基礎論文が掲載されました。

昨年上市した体内リズム改善素材「パッションフラワーエキス」の細胞・動物試験の論文が掲載されました。

Toda K., Hitoe S., Takeda S., Shimizu N., Shimoda H. Passionflower extract induces high-amplitude rhythms without phase shift in the expression of several circadian clock genes in vitro and in vivo. Int. J. Biomedical Sci., 13, 84-92 (2017).

 

 

シーベリーエキスのカタログを更新しました。

補助事業で実施したウルソール酸のラット過活動膀胱モデルでの作用とシーベリーエキス-Pの臨床試験を追加しています。

研究成果のページを更新しました。

研究成果のページの採用論文リストを更新しました。

第116回日本皮膚科学会総会にてオリザセラミド®の副成分について発表を行います

仙台国際センターにて6月2~4日に開催される第116回日本皮膚科学会総会において,オリザセラミド®の副成分として発見されたβ-シトステロールグルコシドのセラミド増加作用について発表を行います。
ポスター掲載期間:6月2日(金) 13:00~6月4日(日) 15:00
演題名:米由来グルコシルセラミド分画に共存するβ-シトステロール-3-O-グルコシドの表皮セラミド合成関連酵素発現に及ぼす影響

【出展のご案内】CITE Japan 2017 (5/31~6/2 パシフィコ横浜)

CITE Japan 2017 (5月31()~6月2()パシフィコ横浜)に出展いたします。ブース番号はB5-12です。

新製品であるコスメハーベスト® ジュンサイ、日本市場では初めて展開するベリーベリー® アクネケア、ベリーベリー® ホワイト

展示と同時に出展者技術発表会で発表を行います。ぜひ、お立ち寄りください!

タイトル: 「トケイソウにおける概日リズムとコーニファイドエンベロープに及ぼす作用」
時間:  6月1日(木)15:0515:35   会場:  アネックスホールC会場(F203)

【出展のご案内】ifia/HFE Japan 2017 (5/24~5/26 東京ビッグサイト 東7, 8ホール )

fia/HFE Japan 2017 (5月24()26()東京ビッグサイト)に出展いたします。ブース番号は7-315です。 展示と同時に下記無料セミナーを行います。ぜひ、お立ち寄りください!

1. タイトル: 「オリザ油化が誇る機能性表示食品対応素材『オリザセラミド®』、『オリザギャバ®』、『生コーヒー豆エキス』他について。」
時間:  24日(水)11451200 会場:  出展社プレゼンテーションRoom 3

2. タイトル: 「美容に必須3要素(美肌・睡眠・運動)をまとめて提案!『オリザセラミド®』、『パッションフラワーエキス』、『黒ショウガ』でまるごと美人」
時間:  24日(水)15151530 会場:  トータルビューティーコーナー企画セミナー会場

3.タイトル: 「没食子酸類を関与成分とする機能性表示食品対応、血糖値上昇抑制素材『月見草エキス』のご紹介。
時間:  25日(木)10301045 会場:  出展社プレゼンテーションRoom 3

4.タイトル: 「安定供給可能な『微細藻類』を原料とした『フコキサンチン』がついに完成!お腹の周りの脂肪に言及した機能性表示を見据えた取り組みについて。」
時間:  25日(木)11301150 会場:  出展社プレゼンテーションRoom 3

5.タイトル: 「特許取得!『黒ショウガ(運動機能)』他オリザ油化の機能性表示食品対応素材、『シーベリー(前立腺)』、『菊の花(尿酸値)』の可能性について。」
時間:  26日(金)10551110 会場:  出展社プレゼンテーションRoom 3

6.タイトル: 「生活リズムを改善!『パッションフラワーエキス』の体内時計調節・睡眠改善作用。
時間:  9日(金)14401455  会場:  出展社プレゼンテーションRoom 3

菊の花エキスとフコキサンチンの臨床論文が掲載されました。

血中尿酸値改善作用を示す「菊の花エキス」の臨床論文が,「Integrative Molecular Medicine」に掲載されました。

Hirano M., Takeda S., Hitoe S., Shimoda H. Luteorin-rich chrysanthemum flower extract suppresses baseline serum uric acid in Japanese subjects with mild hyperuricemia. Integrative Mol. Med., 4 (2), 1-5 (2017).

また,抗肥満素材「フコキサンチン」の臨床論文が,「Functional Foods in Health and Research」に掲載されました。

Hitoe S., Shimoda H. Seaweed fucoxanthin supplementation improves obesity parameters in mildly obese Japanese subjects. Functional Foods Health and Disease, 7 (4), 246-262 (2017).



それに伴い、オリザ油化の機能性表示食品素材のリストを更新しました
黒ショウガエキスに含まれる成分において、筋肉代謝効率を高める旨の特許を取得!!

 2012年に世界に先駆けて上市したヒット商品である「黒ショウガエキス」に含有する主成分である「5,7-ジメトキシフラボン」について筋肉の代謝効率を高める機能を有する旨の特許を取得しました(特許第6086953号)。
 これによって、黒ショウガエキスを含む機能性表示食品等において、特に「5,7-ジメトキシフラボン」を関与成分とし、且つ筋肉の代謝効率を高める機能を表示する商品について独占的な実施権を有することになりました!
 機能性表示食品の表示例として「黒ショウガは5,7-ジメトキシフラボンを含有します。この5,7-ジメトキシフラボンは、筋肉の代謝効率を向上させ、筋肉の持久力を高めることにより、運動機能向上機能、抗ロコモティブシンドローム機能を有します。」等となります。  詳細は営業までお問い合わせください!

Food and Nutrition 2016 (台湾,高雄)にて赤ショウガと黒ショウガの学術発表

 来る11月19日,高雄(台湾)Kaohsiung Exhibition Center にて開催されるBIT's 5th Annual World Conference of Food and Nutrition 2016で,赤ショウガと黒ショウガの発表を行います。 http://www.bitcongress.com/wcfn2016/FinalProgram.asp
Sym. 101 14:40-15:00
Polymethoxy Flavonoids in Black Ginger (Kaempferia parviflora) Increases Physical Fitness Performance and Muscular Endurance
Sym. 201 16:50-17:10
Anti-inflammatory Properties of Red Ginger (Zingiber officinale var. rubra) Extract and Suppression of Nitric Oxide Production by Its Constituents

第9回セラミド研究会学術集会においてオリザセラミド®の副成分について発表を行います。

東京ユビキタス協創広場CANVASにて10月27~28日に開催される第9回セラミド研究会学術集会において,オリザセラミド®の副成分として発見されたβ-シトステロールグルコシドのセラミド増加作用について発表を行います。
発表日時:10月27日(木) 15:05~15:20
演題番号:一般講演 O-8
演題名:米由来グルコシルセラミド分画に共存するβ-シトステロール-3-O-グルコシドの表皮セラミド合成関連酵素発現に及ぼす影響

第3回国際こめ油会議において米由来素材の発表を行います。

東京大学伊藤国際学術研究センターで10月24~25日に開催される第3回国際こめ油会議(The 3rd International Congress on Rice Bran Oil ; ICRBO2016)において,オリザセラミド®およびその副成分のセラミド増加作用を口頭発表するほか,様々な米由来素材についてポスター発表を行います。
<口頭発表>
発表日時:10月24日(月) 16:55-17:25
演題番号:Session2-8
演題名:Increase in skin ceramides through epidermal ceramide synthesis by rice-derived glucosylceramides and beta-sitosterol glucoside.
<ポスター発表>
展示期間:10月24日 12:00~10月25日 13:00
ポスターセッション:10月24日 17:30~18:30
ポスター番号:P-21
演題名:FERMENTED RICE GERM EXTRACT PROMOTES MYOTUBE FORMATION AND GEL CONTRACTION OF C2C12 MOUSE MYOBLASTS
ポスター番号:P-23
演題名: Improvement of hair and nail conditions by rice-derived polyamines (Oryza polyamines)
ポスター番号:P-24
演題名:SLEEP IMPROVEMENT EFFECT OF RICE-DERIVED PEPTIDES
ポスター番号:P-28
演題名:PURPLE RICE EXTRACT AND ITS ANTHOCYANIDINS INHIBIT VEGF-INDUCED ANGIOGENESIS VIA SUPPRESSION OF PHOSPHORYLATION OF ERK AND p38

「桜の花エキス」の偽物品の流通のお知らせ

弊社商品「桜の花エキス」のカタログに記載された弊社オリジナルデータを弊社の許可なく盗用し、弊社「桜の花エキス」と同一のものと認識させるような商品(商品名:「SAKURA EXTRACT」)が世界的に流通・販売されていることが弊社クライアントからの情報提供により発覚致しました。
某社の製品には弊社製品の有効成分であり、かつ桜の花に含有されるべき成分でもある、カフェオイルグルコース及びケルセチングルコシド等を一切含有していないことを確認しております。したがって、該社製品は弊社カタログに記載された効果効能を一切有しておりませんことをお知らせいたします。
本件に関し、弊社は「SAKURA EXTRACT」を弊社盗用データと共に流通・販売している某社に対して著作権侵害であり、某社が流通させている「SAKURA EXTRACT」が弊社商品と誤認させるものであることから、警告文を送付し、今後の対応を弊社顧問弁護士・弁理士と協議しております。
また、弊社「桜の花エキス」は「AGEs産生抑制剤」として日本・中国・米国において特許を取得しております。
 世界レベルで当該製品が流通していると考えられることから、当該製品の情報や、これに類似する等の情報が御座いましたら是非弊社までご一報頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

第16回 日本抗加齢医学会総会において黒ショウガエキスの学会発表を行います。

パシフィコ横浜で6月10~12日に開催される日本抗加齢学会総会においてポスター発表を行います。
発表日時:6月12日(月) 9:00~9:45
演題番号:P105 場所:ポスター会場(301~304)
演題名:黒ショウガ抽出物に含まれるポリメトキシフラボンのAMPK活性化を介した運動機能向上及び持久力維持作用

第115回日本皮膚科学会総会においてイチゴ種子エキスの学会発表を行います。

国立京都国際会館で6月3~5日に開催される第115回日本皮膚科学会総会において,イチゴ種子エキスの皮膚セラミド合成促進作用に関するデジタルポスター発表を行います。
展示日時:6月3日(金)10:00~19:00
6月4日(土) 8:30~19:30(*実技講座開催時間 14:00~15:10/17:45~18:55)
6月5日(日) 8:30~15:15(*実技講座開催時間 10:20~11:30/13:30~14:40)
*実技講座開催時間はセッションを開催しておりますので,ご入場頂けません.
演題番号:P1-19 場所:PCルーム(国立京都国際会館アネックスホール2)
演題名:イチゴ種子エキスのヒト表皮三次元培養モデルでの角層セラミド合成に及ぼす影響

シーベリーエキス含有成分の構造訂正について

「シーベリーエキス」に含まれる新規成分としての単離を報告しておりましたHippophaelic acidの構造について一部修正点が見つかり,既知成分である3-O-p-coumaroyl-2,23-dihydroxy oleanolic acidであることが明らかとなりました。
同成分につきましてはエキスの規格成分ではございません。
事実と異なる情報をアナウンスしておりましたこと,深くお詫び申し上げます。
既にカタログをダウンロードされたお客様につきましては,お手数ですが修正済みのカタログを再ダウンロードしていただければ幸いです。

第70回日本栄養・食糧学会大会においてブロッコリースプラウトエキスの学会発表を行います。

神戸ポートピアホテル・武庫川女子大学で2016年5月13~15日に開催される第70回日本栄養・食糧学会大会において,ブロッコリースプラウトエキスの抗糖化および抗カルボニル化作用について発表を行います。
発表日時:2016年5月15日(日) 14:52~15:04
発表番号:3C-07p
場所:武庫川女子大学中央キャンパス C会場
演題名:ブロッコリースプラウトエキスの抗糖化および抗カルボニル化作用検討

機能性表示に向けた「オリザギャバ®」のシステマティックレビュー(SR)完了

「オリザギャバ®」について,この度機能性表示届出に向けたシステマティックレビュー(SR)作業を完了しました。
機能性関与成分を「γ-アミノ酪酸(GABA)」として,精神的ストレスの軽減およびリラックス作用が見られる1日推奨摂取量は28~100 mgと算出しました。
「オリザギャバ®」を使った最終製品で,ともに機能性表示食品を目指していただけるパートナーを広く募集しております。

日本薬学会第136年会において米胚芽発酵エキスおよびシーベリーエキスの学会発表を行います。

パシフィコ横浜で3月26~29日に開催される日本薬学会第136年会において,米胚芽発酵エキスの筋肉増強作用およびシーベリーエキスの排尿障害改善作用に関するポスター発表を行います。  

①    米胚芽発酵エキスの筋肉増強作用(1)
発表日時:3月28日(月) 15:15~16:15
演題番号:28AB-pm154
場所:展示ホール 演題名:米胚芽発酵抽出物のマウス筋芽細胞株C2C12における筋管形成および筋収縮促進作用

②    米胚芽発酵エキスの筋肉増強作用(2)
発表日時:3月28日(月) 14:15~15:15
演題番号:28AB-pm155
場所:展示ホール 演題名:米胚芽発酵エキスの骨格筋に対する作用

③    シーベリーエキスの排尿障害改善作用
発表日時:3月28日(月) 15:15~16:15
演題番号:28AB-pm166 場所:展示ホール
演題名:シーベリー含有トリテルペノイドおよびフラボノイド配糖体の膀胱平滑筋収縮抑制作用

ICoFF 2015においてシーベリーの学会発表を行います。

韓国ソウル市で11月22~25日に開催されるICoFF2015において,シーベリーの排尿障害改善作用に関するポスター発表を行います。
発表日時:11月23日(月) 9:50-13:00
演題番号:E-P11-0429
場所:COEX, Grandballroom 103
演題名:Triterpenoids and a flavonoid glycoside from seaberry (Hippophae rhamnoides) supress bladder constriction in vitro models.

機能性表示に向けた「オリザセラミド®」のシステマティックレビュー(SR)完了

オリザ油化株式会社では同社製品「オリザセラミド®」の機能性表示食品への申請準備を進めており,このたびその証明に必要なシステマティックレビュー(SR)作業を完了した。
結果として,一日1.8mgの摂取量で連続経口摂取により,一つの表示例として,以下の機能性表示が可能と考えている:「本品には,米由来グルコシルセラミドが含まれます。米由来グルコシルセラミドには,肌の保湿力(バリア機能)を高め,肌の乾燥を緩和する機能があることが報告されています」。
なお,10月7日より9日まで東京ビッグサイトで開催される「食品開発展2015」初日である7日14:10~16:20にB会場にて行われる「最新の美容食品素材エビデンスとアプリケーション」セミナーの中で,「機能性表示食品としてのオリザセラミドの優位性と将来性」と題して講演を行う。  

【学会発表】

第8回セラミド研究会 学術集会
「イチゴ種子エキス」をポスター発表します。
タイトル:イチゴ種子エキスのヒト表皮三次元培養モデルでの角層セラミド合成に及ぼす影響
一般講演 O-2
日程:2015年10月29日(木)~30日(金) 発表日時:2015年10月29日(木)14:15~14:30
会場:北海道大学 学術交流会館  

【出展のご案内】食品開発展2015 (10/7~10/9 東京ビッグサイト)

食品開発展 2015 (10月7日(水)~9日(金)東京ビッグサイト)に出展致します。ブース番号は2-106です。http://www.hijapan.info/ 展示と同時に下記無料セミナーを行います。是非お立ち寄りください!
1. タイトル: 「世界における食歴に裏付けられた「5つのダイエット素材」と機能性表示食品の可能性」
時間:  7日(水)14:30~14:50
会場:  J会場
2. タイトル: 「天空からの贈り物~ケニアの大自然が生んだ『紫茶エキス』の驚異のPOWER~」
時間:  8日(木)11:00~11:20
会場:  J会場
3.タイトル: 「関節サポート素材『赤ショウガエキス』の機能性表示食品としての可能性と今後」
時間:  8日(木)14:30~14:50
会場:  J会場
4.タイトル: 「シニアも女性もアスリートも喜ぶ!!『黒ショウガエキスの驚異の筋肉・血流・運動機能改善作用』」
時間:  9日(金)11:30~11:50
会場:  J会場
5.タイトル: 「日本のシンボルフラワー~『桜と菊』の新たな美容・アンチエイジング効果~」
時間:  9日(金)15:00~15:20
会場:  I会場
6.タイトル: 「世界のスーパーフルーツ(赤:リンゴンベリー、青:マキベリー、黄:シーベリー)の3原色成分による美容とアンチエイジング作用」
時間:  9日(金)15:30~15:50
会場:  I会場  

「生コーヒー豆エキス」のシステマティックレビュー(SR)作業を完了

クロロゲン酸類を含有するコーヒー生豆エキスについて,体重低減に関する有意な改善が見られる1日摂取量は, 400 mg/日と算出しました。
機能性表示に際して懸念される特許に関して,「生コーヒー豆エキス」は他メーカーの特許に抵触しないことを,弁理士の見解で確認しています。
「生コーヒー豆エキス」を使った最終製品で,ともに機能性表示食品を目指していただけるパートナーをこのニュースリリースを通して広く募集しております。  

【出展のご案内】CITE JAPAN 2015 (6/3~6/5 パシフィコ横浜)

CITE JAPAN 2015 (6月3日(水)~5日(金)パシフィコ横浜)に出展致します。ブース番号はA12-1です。
また、新製品2品目「コスメハーベスト® シーベリー」と「コスメハーベスト® ナデシコ」の展示がございます。
皆様のご来場をお待ちしております。是非お立ち寄りください!
http://www.citejapan.info/

【学会発表】

第15回日本抗加齢医学会総会
「黒ショウガエキス」をポスター発表します。
タイトル:黒ショウガ抽出物はマウス筋芽細胞株C2C12において糖,乳酸及び脂質代謝を促進し,エネルギー産生量を増加する.
受付番号:90399
日程:2015年5月29日(金)~31日(日)
発表日時:2015年5月29日(金)16:30~17:30
会場:福岡国際会議場  

【学会発表】

ACN2015
12th Asian Congress of Nutrition
A joint meeting with
The 69th Annual Meeting of Japan Society of Nutrition and Food Science
「紫茶エキス」をポスター(英文)発表します。
タイトル:Study on The Anti-obesity Effect of Purple Tea Extract Derived from Kenya
ポスター番号:PS-02-a-113
日程:2015年5月14日(木)~18日(月)
会場:パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)

【出展のご案内】ifia JAPAN 2015 (5/20~5/22 東京ビッグサイト)

ifia JAPAN 2015 (5月20日(水)~22日(金)東京ビッグサイト)に出展致します。ブース番号はA-843です。また、シーベリー果実由来の新製品2品目「シーベリーエキス」と「シーベリー果実油」の展示ならびにプレゼンテーションがございます。皆様のご来場をお待ちしております。
http://www.ifiajapan.com/2015/jp/index.html
展示と同時に下記無料セミナーを行います。是非お立ち寄りください!
1. タイトル: 「次世代の南米スーパーフルーツ・マキベリーでドライアイ改善」
時間:  20日(水)10:50~11:05
会場:  ROOM4
2. タイトル: 「オリザ油化(株)の機能性表示食品素材について」
時間:  20日(水)15:55~16:10
会場:  ROOM1
3.タイトル: 「イチゴ種子の新たな皮膚への3つのアプローチ‐セラミド増加だけじゃない‐」
時間:  20日(水)14:25~14:40
会場:  ROOM4
4.タイトル: 「前立腺肥大・排尿障害改善の救世主、次世代の黄金ベリー『シーベリー』」
時間:  21日(木)15:55~16:10 22日(金)12:25~12:40
会場:  ROOM4
5.タイトル: 「新たに筋肉の質向上・若返り作用を発見!!抗ロコモ素材黒ショウガ」
時間:  22日(金)15:20~15:35
会場:  ROOM4  

【学会発表】

1.日本薬学会第135年会にて「黒ショウガエキス」をポスター発表します。
タイトル:黒ショウガ抽出物はマウス筋芽細胞株C2C12において筋分化,グルコース及び乳酸代謝を促進する
ポスター番号:27PB-am200
日程:2015年3月25日~28日
会場:神戸学院大学、兵庫医療大学、神戸サンボーホール、デザイン・クリエイティブセンター神戸  

2.日本農芸化学会2015年度大会にて「イチゴ種子エキス」を口頭発表します。
タイトル:イチゴ種子エキスのヒト表皮三次元培養モデルにおける表皮バリアーおよび保湿機能分子に及ぼす作用
講演番号:3F37p01
日程:2015年3月26~29日
会場:ホテルグランヴィア岡山、岡山大学津島キャンパス  

コスメハーベスト®発売のご案内

従来より化粧品原料として粉末品のPCグレード、水溶性粉末のWSPCグレード、液体品のLCグレードとしてご愛顧いただいております弊社化粧品原料に新たな製品を追加投入することになりましたので、ご案内申し上げます。
これは、グリーンケミストリーの概念を組み込み、配合原料を厳選したものであり、さらにより処方安定性の高い製法とコストパフォーマンスを追求した「コスメハーベスト®」シリーズを2015年1月1日より追加発売することになりました。
同期日には、下記にあります6品目での発売スタートとなりますが、順次、従来品のLCを改良してコスメハーベスト®シリーズを追加投入してゆきますとともに、新規原料を用いた液体化粧品原料も2015年度にコスメハーベスト®シリーズとして上市予定でございますので、引き続き従来化粧品原料同様、コスメハーベスト®をご愛顧賜りたくお願い申し上げます。
コスメハーベスト® サクラ
コスメハーベスト® ライチ
コスメハーベスト® キウイ
コスメハーベスト® ストロベリー
コスメハーベスト® ユズ
コスメハーベスト® オレンジ

書籍出版のご案内

オリザ油化㈱は設立75周年記念に健康的に油を摂取するために、食用油についての書籍を出版することになりました。著者は弊社研究開発本部食品開発部課長の単少傑薬学博士です。本書籍は2014年12月18日に全国の書店およびAmazonにて発売します。本書のタイトルは[その「サラダ油」をやめれば健康寿命はのびる]です。
【概要】
食用油は体の健康を維持するためになくてはならない重要な栄養素です。昔と比べ、生活レベルの向上、健康志向の高まりとともに、油脂の摂り過ぎが肥満や生活習慣病の原因になることは広く知られています。
本書では、現在一般に流通している食用油について、原材料や製造工程、含有する脂肪酸などから、「健康によい」ことが科学的に確認されている食用油を取り上げ、紹介します。
なかでも悪玉コレステロールを下げる、動脈硬化を防ぐ、免疫力を高める、ダイエットに効果があるなど、従来の食用油のイメージを覆す新しい効果が明らかになっているコメ油に注目し、そのメリットを解説します。
年齢を重ねても健康で、生き生きした毎日を送りたいという方々にとって、本書の内容が少しでも参考になれば大変嬉しく思います。本書を手にしてくださった皆さまの健やかで芳醇な人生にとって、コメ油が役立つことを心から願って結びとします。
詳しくはこちらをご覧ください。
おいしくて体にやさしいこめ油のおはなし

【出展のご案内】食品開発展 2014 (10/8~10/10 東京ビッグサイト)

食品開発展 2014 (10月8日(水)~10日(金)東京ビッグサイト)に出展致します。ブース番号は2-106です。また、出展社プレゼンテーションがございますので、ぜひお越し下さい。皆様のご来場をお待ちしております。
http://www.hijapan.info/

MaquiBright(TM)(マキベリーエキス)のヒトモニター試験結果が論文になりました!

弊社は、慶應義塾大学医学部眼科学教室とMaquiBright(TM)(マキベリーエキス)のドライアイに対する基礎的な共同研究を進めてきました。これら基礎的知見をもとに行ったヒトモニター試験結果が、Panminerva Medica 2014 Sep;56(3 Suppl 1):1-6.に掲載されました。
タイトル
MaquiBright™ standardized maqui berry extract significantly increases tear fluid production and ameliorates dry eye-related symptoms in a clinical pilot trial.
弊社では今後、チリ政府の支援のもと、大規模臨床試験を慶應義塾大学医学部と予定しています。

【学会発表】

1.日本生薬学会第61回年会/第8回日中韓生薬学合同シンポジウムにて「紫茶エキス」をポスター発表します。
ポスター番号:2P-50 
ケニア産紫茶エキスの抗肥満作用検討
日程:2014年9月13日~14日
会場:福岡大学  

2.第35回日本眼薬理学会にて「MaquiBright(TM)(マキベリーエキス)」「黒米エキス」「ルテイン」のパネルを展示します。
日程:2014年9月13日~14日
会場:岐阜市長良川国際会議場

ジュンサイエキスとMaquiBright(TM)の演題を国際会議発表します
第27回国際ポリフェノール会議にて、ジュンサイエキスとMaquiBright(TM)(マキベリーエキス)の2演題でポスター発表を行います。
第27回国際ポリフェノール会議支援
オリザ油化は、2014年9月2日~6日まで名古屋で開催される第27回国際ポリフェノール会議をexecutive sponsorとして支援しています。
オリジナル商品「生コーヒー豆エキス」につて米国特許取得
オリザ油化株式会社は、オリジナル商品「生コーヒー豆エキス」について、この度、脂質代謝改善作用を有する旨のアメリカ特許を取得しました(米国特許番号8,802,164)。
【新素材】菊の花エキスのカタログを掲載しました。

血中尿酸値改善による痛風予防、皮膚の基底膜保護による肌の深層からのスキンケアを訴求した新機能性食品・化粧品素材「菊の花エキス」のカタログをホームページの「製品カタログ(PDF)」に掲載しました。
菊の花エキス製品カタログ

【出展のご案内】ifia JAPAN 2014 (5/21~5/23 東京ビッグサイト)

ifia JAPAN 2014 (5月21日(水)~23日(金)東京ビッグサイト)に出展致します。ブース番号はEF-424です。また、新製品「菊の花エキス」の展示ならびにプレゼンテーションがございます。皆様のご来場をお待ちしております。
http://www.ifiajapan.com/2014/jp/

【新素材】菊の花エキス
血中尿酸値改善による痛風予防、皮膚の基底膜保護による肌内部からのスキンケアを訴求した新機能性食品・化粧品素材「菊の花エキス」をifia JAPAN 2014(5/21~5/23 東京ビッグサイト)にて上市・発表致します。プレゼンテーションは5月21日(水) 13:25~13:40 プレゼンテーションRoom 3にて発表致します。企業ブース番号はEF-424です。皆様のご来場をお待ちしております。
日本薬学会でレスベラトロールの演題を発表します。

 来る3月29日土曜日,日本薬学会(熊本市総合体育館)において,レスベラトロールに関するポスター研究を2演題発表します。
1. 29amM-051 レスベラトロール含有ブドウ抽出物の長期投与による老化促進マウス(SAMP10)の皮膚および体毛の変化
2. 29amM-052 レスベラトロール含有ブドウ抽出物の長期投与が老化促進マウス(SAMP10)の運動量および網膜機能に及ぼす影響
学会にご参加の方は,ぜひお越し下さい。

【出展のご案内】2013/12/5-2013/12/7

オリザ油化 (株)は、東京ビッグサイトで開催されますヘルス&スポーツフードEXPO2013に出展致します。
新製品「紫茶エキス」の展示・試飲ならびに企業プレゼンがございます。
ブースは「日本を健康にする!」研究会パビリオン内です。是非お立ち寄りください。    

【出展のご案内】2013/10/9-2013/10/11

オリザ油化 (株)は、東京ビッグサイトで開催されます食品開発展2013に出展致します。
新製品「紫茶エキス」をはじめ各種天然機能性原料をご紹介致します。
ブース番号は2-106です。是非お立ち寄りください。
紫茶エキス製品カタログ

日本生薬学会でレスベラトロールを発表

9月7,8日に,北海道医療大学で開催される日本生薬学会第60回年会において,レスベラトロールに関するポスター発表を行います。
9月8日 演題番号2P-80
レスベラトロール含有ブドウ抽出物の長期投与が老化促進マウス(SAMP10)に与える影響

【出展のご案内】2013/9/11-2013/9/13

オリザ油化 (株)は、タイのバンコクで開催される” Food Ingredients Asia (FIA)”に出展致します。
ブース番号はD1です。是非お立ち寄りください。
http://www.foodingredientsglobal.com/ja/asia-thailand/home

化粧品製品一覧を更新しました
★製品一覧化粧品2013
レスベラトロールに関する研究が愛知県の補助事業に採択されました。

現在進行中の弊社製品「レスベラトロール」を使った実験が,平成25年度新あいち創造研究開発補助金に採択されました。
事業の名称 レスベラトロール含有ブドウ抽出エキスの老化遅延機能の証明に関する研究開発
http://www.pref.aichi.jp/0000061723.html
本事業では,レスベラトロールの老化促進マウスにおける,眼,脳,皮膚,筋肉および代謝系に及ぼす作用を岐阜薬科大学,京都薬科大学とともに検証していきます。

ジュンサイと桜花に関する学会発表

下記の日程で学会発表を行います。
5月25日日本栄養・食糧学会 名古屋 P0095 L会場  「ジュンサイ抽出物の皮下脂肪組織からのアディポサイトカイン産生および細胞外マトリックス構成成分に及ぼす作用」
6月7日 日本香粧品学会 東京 P06 「ヤエザクラ花抽出物は糖化反応生成物の生成抑制を介してシワを改善する」

【新素材!】ツバメの巣エキス

本日からifia 2013が始まりました!
新素材【ツバメの巣エキス】のカタログをホームページの「製品カタログ(PDF)」にてご紹介しております。
http://www.oryza.co.jp/pdf/japanese/bird's%20nest%20extract_j%20ver.1.0.pdf
製品一覧もリニューアルしておりますので、合わせてご参照頂ければ幸いです。
http://www.oryza.co.jp/pdf/japanese/Product%20profile_j%20ver.19.0.pdf
是非ブースHFE-EF424にお立ち寄りください。

【CITE JAPAN 2013】配布資料

本日からCITE JAPAN 2013が始まりました!
一刻も早く皆様に展示会中の配布資料を発信するため、本ニュースリリースにてご紹介させて頂きます。
◆製品紹介◆
【新素材!】<天然EGF含有>ツバメの巣エキス
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/bird's%20nest%20extract%20cosmetic.pdf
【抗セルライト素材】ジュンサイエキス
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/water%20shield%20extract%20cosmetic.pdf
【抗糖化素材】桜の花エキス
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/sakura%20extract%20cosmetic.pdf
【美白素材】 温州みかんエキス
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/citrus%20unshiu%20extract%20cosmetic.pdf
コプリーノ
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/coprino%20cosmetic.pdf
【保湿・美白素材】 オリザセラミド®
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/oryza%20ceramide%20cosmetic.pdf
ユズ種子エキス
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/yuzu%20seed%20extract%20cosmetic.pdf 

他にも多数の素材をご紹介しております。
【化粧品素材一覧】
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/product%20profile%20cosmetic%20ver1.0j.pdf
【化粧品素材一覧(英語)】
http://www.oryza.co.jp/pdf/citejapan2013/ORYZA%20Cosm.%20Product%20List%202013.pdf
是非ブースNo.A13-5にお立ち寄りください。

【出展のご案内】2013/5/15-2013/5/17 ifia JAPAN 2013 HFE JAPAN 2013
オリザ油化 (株)は、5月15日から東京ビックサイトで開催されるHFE JAPAN 2013に出展いたします。米を初めとする各種天然植物由来の生活習慣病・美容対応素材をご紹介します。「新素材!皮膚バリアへのアプローチ 天然EGF含有ツバメの巣エキスによる美肌再生機能」を初め、話題の黒ショウガエキス及び、レスベラトロール・マキベリーエキスの新知見、オリザポリアミン・ジュンサイエキス・桜の花エキスについてワークショプで発表します。その他素材のご紹介も行いますので、ブースHFE-EF424にもお立ち寄り下さい。http://www.ifiajapan.com/2013/jp/exhibitor/detail.php?l=jp&company=391  
【出展のご案内】2013/5/15-2013/5/17 CITE JAPAN 2013
オリザ油化 (株)は、5月15日からパシフィコ横浜で開催される第6回化粧品産業技術展 CITE JAPAN 2013に出展いたします。ブース番号はA13-5です。 ~皮膚バリアによる美肌再生効果~が期待される新素材「ツバメの巣エキス」を上市致します。 また、化粧品向けデータを更に強化致しました。 是非お立ち寄りください。 http://www.citejapan.info/
【出展のご案内】2013/4/16-2013/4/18

オリザ油化 (株)は、フランスのパリで開催される”in-cosmetics Paris”に出展致します。 ブース番号はQ60です。是非お立ち寄りください。
http://www.in-cosmetics.com/

桜の花エキス TV放送

この度,弊社の桜の花エキスがNHKで放送される事になりました。 
ニュースリリース 桜エキスTV放映130319  

【出展のご案内】2013/3/13-2013/3/15

オリザ油化 (株)は、中国の広州で開催される” Personal Care and Homecare Ingredients (PCHi)”に出展致します。
ブース番号はM52です。
是非お立ち寄りください。
http://www.pchi-china.com/en/

2013/2/8 マキベリーエキスの論文が学術誌(FOOD CHEMISTRY)に受理されました。

マキベリーエキスの光誘発網膜障害に対する抑制作用の論文が受理されました。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0308814613000605

2013/1/9 桜の花エキスの新しいデータを追加しました
桜の花エキス ヒト臨床試験(保湿・シワ改善)結果
日本研究皮膚科学会でアスタキサンチン関連の研究成果を発表しました
2012年12月7日~9日に沖縄で開催された日本研究皮膚科学会 第37回年次学術大会総会でオーラル発表に選ばれ、
“UVB stimulates TGase I expression via NF-κB activation which is attenuated by astaxanthin through inactivation of MSK1 in human keratinocytes”と題してアスタキサンチン関連の研究成果を発表いたしました。
日本研究皮膚科学会ポスター 20121207-8
 
 
2012/11/8 桜の花エキスの新しいデータを追加しました
桜の花エキス 角層AGEsに及ぼす影響について(20121108)
Hi Europe, Ni & NuW 2012

オリザ油化 (株)は、2012/11/13-15、ドイツのフランクフルトで開催される” Hi Europe, Ni & NuW 2012”に出展致します。 ブース番号はF80です。是非お立ち寄りください。
http://hieurope.ingredientsnetwork.com/  

in-cosmetics Bangkok 2012

オリザ油化 (株)は、2012/11/6-8、タイのバンコクで開催される” in-cosmetics Bangkok 2012”に出展致します。 ブース番号はF10です。是非お立ち寄りください。
http://www.in-cosmeticsasia.com/

新製品「ジュンサイエキス」のカタログを掲載しました。
皮下脂肪とセルライトに着目したスリミング素材「ジュンサイ」エキスのカタログを掲載しました。 http://www.oryza.co.jp/pdf/japanese/junsai_j%201.0.pdf
食品開発展(10月3-5日)で新製品「ジュンサイエキス」を上市します。

 皮下脂肪の蓄積による肌細胞のトラブル改善,セルライトの軽減,脂肪代謝改善および抗メタボリックシンドローム作用を訴求した新機能性食品素材「ジュンサイエキス」を,10月3日から東京ビックサイトで開催される食品開発展2012にて上市いたします。(セミナー日 10月4日(木),11:00~11:20および5日(金)14:30~14:50,J会場にて)。詳細カタログは10月3日にアップロードいたします。
ニュースリリース用原稿10月

光老化研究会で「桜の花エキス」の研究成果を発表しました。

2012年8月24日に開催された第13回 光老化研究会で、「ヤエザクラ花含有成分のAGEs産生およびAGE誘発線維芽細胞アポトーシスに対する抑制作用」と題して発表いたしました。
http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/derma.dir/hikari/index.html

2012/9/5 オリザセラミドの論文が学術誌に受理されました。
 オリザ油化株式会社では,京都薬科大学生薬学分野(吉川雅之教授)と共同で,コメ由来グルコシルセラミドのマウス皮膚やヒト皮膚細胞三次元培養系におけるセラミド含量に及ぼす作用を研究してきました。このたびその成果が,Journal of Medicinal Foodに受理されました。論文タイトル「Changes in ceramides and glucosylceramides in mouse skin and human epidermal equivalents by rice-derived glucosylceramide」
2012/9/5 食品開発展2012で,新製品「ジュンサイエキス」を上市します。

 
 オリザ油化会社と、株式会社Harvestech(本社:秋田県秋田市、代表取締役:浜田健太郎、以下「ハーベステック」)は、このたび、秋田県の特産品である「じゅんさい」に新規機能性、新規成分を見出し、じゅんさいの未利用資源を活用した「じゅんさいエキス」の製品開発に成功致しました。2012年10月初旬の「食品開発展」(東京ビッグサイト開催)にて新製品の発表を行い、美容や生活習慣病対策に訴求した新しい機能性素材としての展開を開始致します。
http://www.atpress.ne.jp/view/29551

γ‐オリザノールMF登録
弊社オリジナル商品「γ‐オリザノール」は,この度,医薬品原薬MF登録を完了しました。
2012/5/23 新製品のPDFカタログを掲載しました。

オリザポリアミン
polyamine_j_2.0mm.pdf
黒ショウガエキス
black%20ginger%201.0Final.pdf
マキベリーエキス 
makiberry%20Ver.%201.0TK.pdf

2012/5/23~2012/5/25 ifia JAPAN 2012、新製品「マキベリーエキス」、「黒ショウガエキス」、「オリザポリアミン」上市

5月23日から東京ビックサイトで開催されるifia JAPAN 2012におきまして、3つの新製品「マキベリーエキス」、「黒ショウガエキス」「オリザポリアミン」を発表、上市いたします。
「マキベリーエキス」は、南米パタゴニア原産のマキベリーから抽出したアントシアニンに富む水溶性粉末。今回新発見した眼病予防作用、育毛作用、肌の光老化抑制作用を中心にご紹介いたします。
「黒ショウガエキス」は、タイ原産の黒ショウガから抽出したポリメトキシフラボン含有粉末。冷え症・むくみ改善、メタボリックシンドローム予防および性能力向上作用などを訴求してPRいたします。
「オリザポリアミン」は、米胚芽から抽出したポリアミン含有水溶性粉末。新機能のキューティクル改善作用、育毛作用など特にヘアケア機能をご紹介いたします。  

ぜひ、ブースHFE-EF424にお立ち寄り下さい。

2012/4/17-2012/4/19

オリザ油化 (株)は、スペインのバルセロナで開催される” in-cosmetics”に出展致します。
ブース番号はS30Fです。是非お立ち寄りください。
http://www.in-cosmetics.com/en/Home/

2012/3/22 日本薬学会 第132年会(2012年3月28日~31日)にて「黒米エキス」と「温州みかんエキス」の研究成果を発表予定です。
「黒米エキスの眼疾患予防作用」および「温州みかんエキスの規格成分であるβ-クリプトキサンチンのメラニン生成抑制作用のメカニズム」を3月28日から北海道大学で開催される日本薬学会第132年会にて発表を予定しています。また,β-クリプトキサンチンのメラニン生成抑制のメカニズムに関する論文は英国科学誌「Journal of Pharmacy and Pharmacology」にもうすぐ掲載されます。ぜひともご覧下さい。
2012/3/12 桜の花エキスの新規機能 美髪作用について
桜の花エキスの製品カタログに美髪作用のデータを追加致しました。是非ともご覧ください。またこの新機能についてifia Japan 2012にて発表を予定しております。
2012/2/27-2012/2/29

オリザ油化 (株)は、中国の上海で開催される” Personal Care and Homecare Ingredients (PCHi)”に出展致します。
ブース番号はS10です。是非お立ち寄りください。
http://www.pchi-china.com/en/Exhibitors/72052/GSI-Creos-Corporation

2012/2/21 桜の花エキスの新しいデータを追加しました
桜の花エキス 抗糖化作用によるヒト皮膚黄変防止効果について(20120312)
弊社製品「フキエキス」の安全性について

お客様各位
 平素は弊社製品をご愛顧いただきまして,まことにありがとうございます。弊社のフキ加工製品「フキエキス」の安全性についてお知らせします。先般,厚生労働省医薬食品局食品安全部2月4日付の報道関係者向け通知
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002293g.html)において,バターバー(西洋フキ,Petasites hybridus)含有食品の摂取に関する注意喚起が報告されました。通知によると,イギリスで販売されている西洋フキを含む食品の摂取により肝障害の発生がみられたことから,同国医薬品庁が事業者に対して自社回収を依頼しています。これを受け,厚生労働省は西洋フキを含む食品の販売を当面行わないよう,都道府県などを通じて関係事業者に指導することとしています。また肝毒性のある成分としては,ピロリジディンアルカロイドの関与が疑われています。
 弊社製品「フキエキス」は,西洋フキとは別種の愛知早生フキ(Petasites japonicum)の地上部(葉,茎)を原料にしています。その安全性については,単回投与および反復投与試験により,毒性の疑いのないことを確認しています。これに対し,西洋フキはその根を原料として用いており,有害なピロリジディンアルカロイドも根に含有されています。弊社製品「フキエキス」については,LC-MSを用いた分析により当該アルカロイドが含有されていないことを確認しており(Shimoda H. et al., J. Agric. Food Chem., 54, 2915, 2006),これまで有害事象の発生も報告されておりません(上記文献が必要な方は,お知らせ下さい)。
 従いまして,お客様におきましてはこれまで通り安心して弊社製品をお使いいただきますよう,引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。

製品表示変更のお願い
製品表示変更のお願い
国際学会 ICOFFでコプリーノエキスの研究成果を発表しました。

11月20日~23日にかけて,台湾,タイペイで開催された国際学会 ICOFF (International Conference on Food Factors)において,下記コプリーノエキスの光老化抑制作用を2演題発表しました。ご関心のある方は,ご連絡下さい。
1.   Effect of Administration of Extract from Coprinus Comatus on Skin Inflammation induced by UV-B Irradiation.
2.   Coprino extract, the extract from Coprinus comatus suppresses photo-damage in fibroblasts and mouse skin induced by ultraviolet-B.

国際機能性食品学会大会で「赤ショウガ」と「黒米」の研究成果を発表しました!!

2011年度国際機能性食品学会大会(2011 ISNFF 11/14-17 in Sapporo)で,赤ショウガの関節症予防作用(口頭発表)と黒米の眼機能に及ぼす作用(ポスター)を発表しました。
1.Anti-inflammatory Properties of Red Ginger (Zingiber officinale var. rubra) Extract and Suppression of Nitric Oxide Production by Its Constituents.
2.Purple rice extract and its anthocyanidins inhibit VEGF-induced angiogenesis via suppression of phosphorylation of ERK and p38.

【特許情報】フキエキスの成分特許取得
弊社製品「フキエキス」に含まれる新規成分フキノサイドAについて抗アレルギー作用を有する旨の特許(特許4822246)を取得しました。
【出展のご案内】(変更)2011/12/14-2011/12/16

オリザ油化 (株)は、タイのバンコクで開催される” in-cosmetics ASIA 2011”に出展致します。
ブース番号はJ54です。是非お立ち寄りください。
URL: http://www.in-cosmeticsasia.com/
注)本展示会は11月に開催予定でしたが、タイの洪水のため12月に延期となりました。

【NEW】2011/10/3
公式WEBサイトをリニューアル致しました。製品カタログのフォーマットが統一されて見やすくなりました。
【出展のご案内】2011/10/5-2011/10/7

オリザ油化㈱は、東京ビックサイトで開催される「食品開発展2011」に出展致します。
ブース番号は2-104です。新商品のお披露目もございます。是非お立ち寄りください。
>展示会の詳細情報はこちら

【出展のご案内】2011/9/21-2011/9/23

オリザ油化 (株)は、タイのバンコクで開催される”Food Ingredients Asia 2011”に出展致します。
ブース番号はK1です。是 非お立ち寄りください。

2011/5/20
オリザセラミドとキウイ種子エキス、桜の花エキスの製品カタログを更新しました。主な更新内容は各製品の臨床試験のデータです。ご興味のある方は、各製品名をクリックするか、もしくはこちらからダウンロードしてください。
2011/4/4
フコキサンチンの起源原料原産地変更に関するお知らせを削除しました。
2011/4/2
キウイ種子エキスの製品カタログを更新しました。ご興味のある方は、こちらよりダウンロードしてください。
2011/4/1
フコキサンチンの起源原料原産地変更に関するお知らせをご案内させていただきます。それと合わせて、製品カタログも更新しました。よろしくお願い申し上げます。
2011/3/17

昨日掲載させていただきました東北関東大震災に関するお知らせを,一部修正の上で再掲させていただきます。
あらためまして,被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

2011/3/16

東北関東大震災に関して,弊社よりお知らせを掲載させていただきます。
被害にあわれた皆様には心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

2011/3/11

桜の花エキス-LCにつきまして,製品カタログ記載の規格書中の重金属規格に誤りがありました。つつしんでお詫び申し上げます。
訂正済みの製品カタログのダウンロードは,こちらもしくはDOWNLOADからお願いいたします。

2011/3/8
オリザノールのカタログを更新しました。ご興味のある方はDOWNLOADからダウンロードお願いします。
2011/2/18

桜の花エキスの抗糖化作用に関する論文が発表されました。詳細をご希望の方は,PDF版ご希望の旨お申し付けください。
Effect of Cinnamoyl and Flavonol Glucosides Derived from Cherry Blossom Flowers on the Production of Advanced Glycation
End Products (AGEs) and AGE-induced Fibloblast Apoptosis
Hiroshi Shimoda et. al., Phytother. Res. (2011)

2011/1/25
桜の花エキスの製品カタログを更新いたしました。皮膚累積刺激性試験について"very good"との判定でした。詳しくはダウンロードをご覧下さい。
2010/8/5

フコキサンチンに関する論文が発表されました。
Anti-pigmentary activity of fucoxanthin and its influence on skin mRNA expression of melanogenic molecules
JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY
2010; 62: 1137-1145
Hiroshi Shimoda, Junji Tanaka, Shao-Jie Shan and Takashi Maoka

2010/7/20 特許取得のお知らせ

「月見草エキス」が抗ピロリ菌作用を有する旨について、特許を取得しました(特許第4541662号)。
「生コーヒー豆エキス」がダイエット作用を有する旨について、日本(特許第4499665号)および中国(ZL200480029172.6号)において特許を取得しました。
これにより、特に中国において、所定の製法にて製造されたコーヒー豆抽出物について、ダイエットを訴求した健康食品の実施を排除することができ、弊社が特許法上独占的に実施することができることとなりました。

2010/6/3
最新の食情報を動画配信する:フードボイス」に、桜の花エキスに関するインタビュー動画が掲載されました。弊社研究員の桜の花エキスにかける意気込みを是非ご笑覧ください。(動画への直接リンクはこちらから。
2010/5/24

黒米エキスに関する論文が発表されました。
Anthocyanins from Oryza sativa L. subsp. indica
Biochemical Systematics and Ecology 38 (2010) 438-440
Satoru Tamura, Ke Yan, Hiroshi Shimoda, Nobutoshi Murakami

2010/5/24

赤ショウガエキスに関する論文が発表されました。
Anti-Inflammatory Properties of Red Ginger (Zingiber officinale var. Rubra) Extract and Suppression of Nitric Oxide Production by Its Constituents
JOURNAL OF MEDICAL FOOD 13 (1) 2010, 156-162
Hiroshi Shimoda, Shao-Jie Shan, Junji Tanaka, et al.

2010/2/24 エコサート認証のお知らせ

生コーヒー豆エキス-PC・ライチ種子エキス-PC・赤ショウガエキス-PCについて、エコサート認証を取得いたしました。
エコサートは、オーガニック認証の世界標準として認められつつある基準です。