製品案内 Product

機能性表示食品対応原料:オリザ油化の『生コーヒー豆エキス』のご紹介

 

 

 

 

本品には、コーヒー生豆由来クロロゲン酸類が含まれます。

コーヒー生豆由来クロロゲン酸類には肥満度を表す体格指数(BMI)が高めの方のBMIを軽減することが報告されています。

 

 

 

 

コーヒー生豆由来クロロゲン酸類:180mg/日

 

 

 

※研究レビューにより採用した論文の内容を記載

被験者

BMI25以上 19~75歳の男女

n=50(プラセボ、試験食)

試験食

クロロゲン酸類として180mg

(90mg×2回/日で摂取)

摂取期間60日間
結果

プラセボ群と比較して

・体重の減少

・BMIが軽減

 

 

 

 

 

コーヒー生豆由来クロロゲン酸類は

 

●肝臓の脂肪代謝を促進させる

●脂肪組織の脂肪合成を抑制する

 



 

発明の名称特許番号
ダイエット用組成物日本4499665
アメリカUS8802164
ヨーロッパEP1674106
中国CN1863543