製品案内 Product

カカオエキス Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
カカオエキス-P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
カカオエキス-WSP粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
カカオエキス-PC粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
カカオエキス-LC液体キュービーテナーダンボール包装5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

カカオ(Theobroma cacao)の歴史は紀元前4000年に遡り,紀元前2000年頃から古代メキシコを中心に栽培が始まったとされています。学名の一部である「Theobroma(テオブロマ)」とはギリシャ語で"神様の食べ物"という意味で,古代メキシコでは,不老長寿の薬として王侯貴族の間で珍重されていました。当時は,カカオをすり潰しただけのものを食していましたが,これがスペインを経てヨーロッパ全土に広がり,現在のように世界中の人々に親しまれているチョコレートやココアに変化をとげました。

カカオは赤道の南北緯20度以内,年間平均気温27℃以上の高温・多湿な地方で栽培される熱帯植物で,他の木と異なり幹に花が咲き果実(カカオポッド)となります。カカオポッドは20cmほどのラグビーボールのような形をしており,この中には白いパルプ質の果肉に包まれたカカオ豆(種子)が30~40粒入っています(図1)

図1. カカオ果実とその断面図

オリザ油化では,カカオ種子の抽出液を独自の製法で加工し,テオブロミンの含有量を10%,ポリフェノールの含有量を20%にまで高めることに成功しました。

またカカオエキスには,脳内物質であるフェニルエチルアミン(PEA)が含まれていることを確認しています。さらにγ-アミノ絡酸(ギャバ)も含まれていることが明らかになりました。

安定性データStability Data

熱安定性

カカオエキス(賦形剤無添加品)の熱安定性を検討した結果,テオブロミンおよびポリフェノール含量は,100℃及び120℃,1時間の加熱によっても変化がみられず,通常の食品加工温度に対して安定であることが分かりました。

図2. カカオエキスの熱安定性

pH安定性

カカオエキス(賦形剤無添加品)を0.5%濃度になるように30%エタノールに溶解させ,pH調整し,非遮光下,室温で1日および1週間保存後,テオブロミンおよびポリフェノール含量を測定しました。カカオエキス中のテオブロミンは,酸性からアルカリ性まで幅広いpH域で安定であることが分かりました。ポリフェノールは酸性では安定であり,アルカリ性で1割程度の含量の減少が,1週間保存後では中性からアルカリ性で1~2.5割の含量低下が確認されました。

図3. カカオエキスのpH安定性

液剤安定性

カカオエキス-WSP(水溶性グレード)について,0.3%水溶液(pH3.5)を調製し,室温(非遮光下),25℃(遮光),40℃(遮光),5℃(遮光)で4週間保存し,沈澱,濁り,着色の有無を目視で確認しました。カカオエキス-WSPの液剤安定性は酸性域において極めて高いことがわかりました。

液剤安定性(0.3%水溶液)
室温
(光照射)
25℃
(遮光)
40℃
(遮光)
5℃
(遮光)
沈殿
濁り
なしなしなしなし
着色なしなしなしなし

安全性試験データSafety profile

残留農薬

食品衛生法(厚生労働省)で残留基準値が定められた農薬について調査しました。

分析項目結果検出限界方法
カプタホール不検出0.04/ppmGC-MS1
クロロタロニル不検出0.05/ppmGC-MS1
ジクロルボス不検出0.5/ppmGC-MS1
デルタメトリン不検出0.05/ppmGC-MS1
ビオレスメトリン不検出0.1/ppmGC-MS1
ピレトリン不検出1.0/ppmGC-MS1
フェニトロチオン不検出0.1/ppmGC-MS1
アミトロール不検出0.03/ppmLC-MSMS1
ダミノジッド不検出0.01/ppmLC-MSMS1
2,4,5-T不検出0.1/ppmGC-MS2
グリホサート不検出0.2/ppmLC2
シヘキサチン不検出0.02/ppmGC2
注1)
試験依頼先:明治製菓株式会社
試験成績書発行年月日:平成17年4月11日
処理番号:372674
注2)
試験依頼先:株式会社キューサイ分析研究所
試験成績書発行年月日:平成17年3月31日
受付番号:20050315-6
急性毒性(LD50

体重30 g前後,5週齢のICR系雄性マウスにカカオエキス2000 mg/kgの用量で経口投与し,温度23±2℃,湿度50±10%,餌,水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。その結果,死亡例や体重推移の異常(対照群との比較)は認められず,試験終了後に行った剖検においても,臓器の肉眼的異常は認められませんでした。したがって,カカオエキスのマウスにおけるLD50値は,2000 mg/kg以上です。

カカオエキスの栄養成分Nutritional profile

分析項目PWSP分析方法
水分8.5g/100g3.8g/100g 常圧及び減圧加熱乾燥法
タンパク質44.1g/100g2.3g/100g1燃焼法
脂質2.6g/100g0.7g/100g 酸分解法
灰分7.0g/100g2.7g/100g 直接灰化法
炭水化物37.8g/100g90.5g/100g2 
エネルギー351kcal/100g378kcal/100g3修正アトウォーター法
食物繊維5.1 g/100未満- プロスキー法
ナトリウム95mg/100g16mg/100g 原子吸光光度法
注1)
窒素・タンパク質換算係数:6.25
注2)
栄養表示基準(平成15年厚生省告示第176号)による
計算式:100 – (水分+タンパク質+脂質+灰分)
注3)
栄養表示基準(平成15年厚生省告示第176号)による
エネルギー換算係数:タンパク質 4; 脂質 9; 糖質 4; 食物繊維2

試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:平成19年9月17日,平成22年2月24日
依頼番号:第200801310044号,第 201002180030号

推奨摂取量Recommended dosage

一日あたりカカオエキス-Pとして,100~250 mgの使用をおすすめします。

応用例Application Example

 利用分野剤系
食品加工食品
サプリメント形状食品
飲料(清涼飲料水,ドリンク等),ハードおよびソフトカプセル,タブレット,キャンディー,チューインガム,グミ,クッキー,チョコレート,ウエハース,ゼリー等
化粧品美容化粧品化粧水,ローション,パック,ボディジェル等