製品案内 Product

米胚芽発酵エキス Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
米胚芽発酵エキス-P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
米胚芽発酵エキス-WSP水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

発酵は古くから日本に伝わる伝統的技術です。米や大豆を原料に酵母菌、納豆菌、乳酸菌、麹菌といった微生物を利用して味噌、醤油、納豆、鰹節、漬け物等の発酵食品を造ってきました。西洋でも食品素材を蓄える目的で作られたチーズ、パン、ビール、ワインといった、発酵食品があります。

最近これらの発酵物は単なる食品でなく、機能性を持った食品として注目されてきました。

麹菌は発酵に伴って様々な酵素を生成します。その酵素の働きにより、新たな成分が生成されるといわれています。

麹菌について

麹菌は図1のようにAspergillus(コウジカビ)属に分類される微生物です。

コウジカビ属は、日本酒、泡盛、みそ、しょうゆ、みりん、漬け物などの日本の特色ある発酵食品の製造に古くから用いられています。

図1. 麹菌の分類

米胚芽の発酵により変化する成分

米胚芽の麹菌発酵において分泌された酵素は、でんぷん及び糖類を分解し消化します。同時に、タンパク質を加水分解し、アミノ酸や低分子のペプチドを生成します。

さらに、セリンのリン酸エステルであるホスホセリンやシステイン、シスチンが増加します。また、フェルラ酸含量も高まり、ジフェルラ酸が生成されます。

ホスホセリンを含むペプチドは細胞培養系において脾臓細胞、パイエル板細胞および胸腺細胞に対してマイトジェン活性を示すという報告があります。(大谷 元 信州大学農学部 第5回乳房炎研究会要旨集)

システイン、シスチンは抗酸化作用をもち、システインは抗腫瘍物質でもあるグルタチオンの構成成分でもあります。

また米胚芽発酵エキスの中に、麹菌に含まれるα-グルコシダーゼによって生成するα-エチルグルコシドが検出され、米胚芽発酵エキス-P中には0.2%以上を含有することが確認されました。

図2. 発酵により変化する成分

安定性データStability Data

耐熱性

米胚芽発酵エキスの有効成分は、通常の食品加工温度に対して安定です。

米胚芽発酵抽出物の耐熱性

pH安定性

米胚芽発酵エキスの有効成分は、幅広いpH領域で安定です。

米胚芽発酵抽出物のpHに対する安定性

安全性試験データSafety profile

急性毒性(LD50

体重30g前後、5週齢のICR系雄性マウスに米胚芽発酵エキスを5000mg/kgの用量で経口投与し、温度23±2℃、湿度50±10%、餌、水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較を行なったところ、異常な体重変化はみられず、また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って、マウスに対する米胚芽発酵エキスのLD50は5000mg/kg以上です。米胚芽発酵エキスは安全な機能性食品素材であるといえます。

米胚芽発酵エキスの栄養成分Nutritional profile

分析項目結果分析方法
水分3.4g/100g 減圧加熱乾燥法
たんぱく質18.4g/100g1ケルダール法
脂質1.6g/100g ソックスレ−抽出法
灰分10.2g/100g 直接灰化法
糖質61.6g/100g2 
エネルギー334kcal/100g3 
食物繊維4.8g/100g 酵素-重量法
ナトリウム38.2mg/100g 原子吸光光度法
注1)
窒素・たんぱく質換算係数:5.95。
注2)
栄養表示基準(平成8年厚生省告示146号)による計算式:100-(水分+たんぱく質+脂質+灰分+食物繊維)。
注3)
栄養表示基準(平成8年厚生省告示146号)によるエネルギー換算係数:たんぱく質4;脂質9;糖質,4。

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行番号 第 301080468-001号

推奨摂取量Recommended dosage

米胚芽発酵エキスーPの場合,200mg~500mg/日の摂取をおすすめします。

応用例Application Example

利用方法具体例
健康食品ソフトカプセル、錠剤、ハードカプセル、等
食品キャンディー、チューイングガム、グミ、錠菓、クッキー、チョコレート、ウエハース、ゼリー、ドリンクCスープ、乾麺類、ふりかけ、味噌、醤油、パン、ヨーグルト等