製品案内 Product

フコキサンチン Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
フコキサンチン‐1,‐1C油液ブリキ缶

ダンボール包装
その他:窒素充填、冷蔵(5℃以下)

1kg、5kg食品、化粧品
フコキサンチン‐5,-5C油液ポリ瓶

ダンボール包装
その他:窒素充填、冷蔵(5℃以下)

1kg食品、化粧品
フコキサンチン- P1粉末アルミ袋

ダンボール包装
その他:真空包装、冷蔵(5℃以下)

1kg、5kg食品
フコキサンチン-WSP0.1水溶性粉末アルミ袋

ダンボール包装
その他:真空包装、冷蔵(5℃以下)

1kg、5kg食品
フコキサンチン- PC1粉末アルミ袋ダンボール包装
その他:真空包装、冷蔵(5℃以下
1kg、5kg化粧品
フコキサンチン-WSPC0.1水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装
その他:真空包装、冷蔵(5℃以下)
1kg、5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 原料・素材について
  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

効果・効能を見る

原料・素材についてRaw materials

フコキサンチンは、昆布・ひじき・ワカメなどの褐藻類のみに微量に含まれ、非プロビタミンA類のカロテノイドの一種でキサントフィルに属します。フコキサンチンは、図1に示すように、アレン構造、エポキシドおよびヒドロキシル基を有します。

図1. フコキサンチンの構造式

オリザ油化は、「生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業(農研機構・生研センター平成18~22年度)において、神戸大学大学院農学研究科金沢教授や株式会社小倉屋山本、株式会社日本食品開発研究所と協力し、独自の高度な天然物抽出精製技術を開発し、褐藻類の真コンブから高濃度フコキサンチンを抽出することに成功しました。

安定性データStability Data

熱安定性

フコキサンチン-1は、80℃において、1時間加熱し続けても、安定であることが確認されました。100℃において、1時間加熱し続けると劣化がみられました。フコキサンチン-1の使用は、できるだけ、100℃以下での加工をお勧めします。

フコキサンチン-P1は、80℃および100℃、1時間加熱し続けても、安定であることが確認されました。フコキサンチン-P1は、通常の食品加工温度に対して安定です。

図2.フコキサンチンの熱安定性

pH安定性

フコキサンチン-WSP0.1を1.0%濃度となるように水に溶解させ、pH調製し、遮光下、室温で1日および1週間保存後、フコキサンチン含量を測定し、初期値と比較しました。フコキサンチンは、酸性からアルカリ性まで幅広いpH域で安定であることが確認されました。

図3. フコキサンチン-WSP0.1のpH安定性

安全性試験データSafety profile

残留農薬

フコキサンチン(賦形剤未添加コンブ抽出物)について、食品衛生法および農薬取締法に準じて、507項目の農薬の有無を調べました。その結果、全項目について基準値(検出限界値)以下であることが判明しました。
試験依頼先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター
試験成績書発行年月日:平成20年10月1日
依頼番号:24007

急性毒性(LD50

5週齢のSprague-Dawley系雌雄ラット(体重雄性154~168 g、雌性120~138 g)にコンブ抽出物(フコキサンチン含量3.0%)を2000 mg/kgの用量で経口投与し、温度23±2℃、湿度50±10%、餌、水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較を行ったところ、異常な体重変化はみられず、また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って、ラットに対するコンブ抽出物(フコキサンチン含量3.0%)のLD50は2000 mg/kg以上です。

小核試験

8週齢のICR系雄性マウス(体重32~36 g)をコンブ抽出物(フコキサンチン含量3.0%)500 mg/kg、1000 mg/kgおよび2000 mg/kgの用量で経口投与しました。24時間後、骨髄細胞を採取し、骨髄塗抹標本を作製しました。Giemasa染色でスライド標本を作製して、顕微鏡にて多染性赤血球を観察し、小核を有する多染性赤血球の出現率を求めました。また、骨髄細胞の増殖抑制の指標として、全赤血球に対する多染性赤血球の比率を求めました。試験の結果、すべての用量において死亡例はなく、一般状態にも変化は認められませんでした。また、体重にも変化はみられませんでした。小核誘発頻度について、陰性対照群と比較して統計学的に有意な増加は認められず、用量依存性も認められませんでした。一方、陽性対照群の小核誘発頻度は陰性対照群と比較して顕著な増加が認められました。さらに、総赤血球に対する多染性赤血球の比率は、いずれの用量においても陰性対照群との間に有意差は認められず、骨髄増殖抑制は認められませんでした。

90日反復投与毒性

F344/DuCrj系ラットにコンブ抽出物(フコキサンチン含量3.0%)1.0%,2.0%,4.0%混餌投与による90日間亜急性毒性試験を実施しました。その結果,試験期間を通じて雌雄とも一般状態に変化は認められず,死亡動物もみられませんでした。また体重推移,摂餌量,摂水量,尿検査においては対照群と比較して有意な変化は認められませんでした。血液検査において,コンブ抽出物による影響が認められませんでした。臓器重量において,雄では対照群と比較して2.0%投与群の心臓で有意な減少がみられました。また雌では対照群と比較して4.0%投与群の肝臓で有意な増加がみられました。しかし,臓器の病理組織学的検索の結果,雌雄ともにすべての投与群においてコンブ抽出物の影響と考えられる病理所見はみられませんでした。

フコキサンチンの栄養成分Nutritional profile

分析項目

フコキサンチン

-5

フコキサンチン

-1
分析方法
水分4.0g/100g0.8g/100g 減圧加熱乾燥法
タンパク質0.5g/100g0.1g/100g1燃焼法
脂質75.0g/100g83.6g/100g 酸分解法
灰分0.0g/100g0.0g/100g 直接灰化法
炭水化物20.5g/100g15.5g/100g2 
エネルギー759kcal/100g815kcal/100g3修正アトウォーター法
ナトリウム90mg/100g18mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量02g/100g0.0.g/100g ナトリウム換算値
分析項目フコキサンチン-P1フコキサンチン-WSP0.1分析方法
水分1.5g/100g0.2g/100g 減圧加熱乾燥法
タンパク質0.2g/100g0.0g/100g1燃焼法
脂質10.2g/100g1.0g/100g 酸分解法
灰分0.2g/100g0.0g/100g 直接灰化法
炭水化物87.9g/100g98.8g/100g2 
エネルギー444kcal/100g404kcal/100g3修正アトウォーター法
ナトリウム43mg/100g4.3mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量0.1g/100g0.0.g/100g ナトリウム換算値
注1)
タンパク質換算係数:6.25
注2)
計算式:100-(タンパク質+脂質+水分+灰分)
注3)
エネルギー換算係数:タンパク質 4,脂質 9,糖質 4
注4)
フコキサンチン-5およびフコキサンチン-WSP0.1の栄養成分は、フコキサンチン-1およびフコキサンチン-P1の栄養成分値により換算したものです

試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:2008年10月2日
依頼番号:200809250026

推奨摂取量Recommended dosage

一日あたりフコキサンチンとして0.5~1.0 mg,すなわち,

フコキサンチン-5(油液)10~20 mg/day
フコキサンチン-1(油液)50~100 mg/day
フコキサンチン-P1(粉末)50~100 mg/day
フコキサンチン-WSP0.1(粉末)500~1000 mg/day

の使用をおすすめします。フコキサンチン-WSP0.1は、ドリンク剤の場合、1%以下の濃度でご使用下さい。

応用例Application Example

 利用分野剤形
食品加工食品飲料(清涼飲料水,ドリンク等),ハードおよびソフトカプセル,タブレット,キャンディー,チューインガム,グミ,クッキー,チョコレート,ウエハース,ゼリー等
化粧品美容化粧品化粧水,ローション,パック,ボディジェル等

フコキサンチン応用食品の例(株式会社小倉屋山本提供)