製品案内 Product

ルテイン Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
ルテイン−P80,P40粉末アルミ袋段ボール包装1kg食品
ルテイン−PC80,PC40粉末アルミ袋段ボール包装1kg化粧品
ルテイン−L8液体キュービーテナー段ボール包装5kg食品
ルテイン−LC8液体キュービーテナー段ボール包装5kg化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

カロテノイドは,動植物に広く分布している色素群の一つで,ルテインは,カロテノイドのうちのキサントフィルというグループに属しています。ゼアキサンチンは,ルテインのあるところに必ず存在するキサントフィルです。

カロテノイドは活性酸素を消去する作用が強くいですが,数百種あるといわれるカロテノイドの中でも,目に存在するものは,ルテインとゼアキサンチンの2種類のみであることが米国の研究で明らかになっています。

構造式

ルテイン

ゼアキサンチン

分子式および物性
分子式分子量融点
ルテインC40H56O2568.88190℃
ゼアキサンチンC40H56O2568.88207℃

安定性データStability Data

長期保存安全性

ルテイン−P80は,未開封時における長期常温保存試験の結果,ルテインエステルの含量にほとんど変化が見られず,長期保存に対して安定であることがわかりました。

※保存開始前,ルテインエステル含量初期値を100%とした。

安全性試験データSafety profile

残留農薬
分析項目結果検出限界分析方法
BHC検出せず0.02 ppmガスクロマトグラフ法
DDT検出せず0.02 ppmガスクロマトグラフ法
アルドリン検出せず0.01 ppmガスクロマトグラフ法
ディルドリン検出せず0.01 ppmガスクロマトグラフ法
エンドリン検出せず0.01 ppmガスクロマトグラフ法
ダイアジノン検出せず0.05 ppmガスクロマトグラフ法
パラチオン検出せず0.05 ppmガスクロマトグラフ法
マラチオン (マラソン)検出せず0.05 ppmガスクロマトグラフ法

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成15年01月24日
試験成績書発行番号 第302120606‐001号

急性毒性 (LD50)

体重30 g前後,5週齢のICR系雄性マウスにルテイン−P80を5000 mg/kgの用量で経口投与し,温度23±2℃,湿度50±10%,エサ,水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較をおこなったところ,異常な体重変化はみられず,また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って,マウスに対するルテイン−P80のLD50値は5000 mg/kg以上です。ルテイン−P80は安全な機能性食品であるといえます。

ルテインの栄養成分Nutritional profile

詳しい情報が必要な方はお気軽にお問い合わせください。

推奨摂取量Recommended dosage

今回ご紹介する商品,ルテイン-P80は,ルテインの含有量がルテインエステルとして80% (フリールテインとして40%) と非常に高く,15 mg~20 mg/日の摂取をお奨めします。ルテイン-P40は30 mg~40 mg/日の摂取を,ルテイン-L8は150 mg~200 mg/日の摂取をお奨めします。

応用例Application Example

利用方法具体例
健康食品 ソフトカプセル,錠剤,ハードカプセル,等
食品キャンディー,チューイングガム,グミ,錠菓,
クッキー,ウエハース,ゼリー,ドリンク,等