製品案内 Product

オリザギャバ Product name

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
オリザギャバジャーム-P粉末アルミ袋ダンボール包装10kg食品
オリザギャバエキス-C粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品+化粧品
オリザギャバエキス-HC5濃縮粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品+化粧品
オリザギャバエキス-HC90高濃縮粉末アルミ袋ダンボール包装1kg食品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



オリザギャバの原料・素材についてRaw materials

弊社は、農林水産省中国農業試験場との共同研究により世界で初めて、穀類の種の起源である米胚芽に、γ−アミノ酪酸(GABA/ギャバ)を高濃度に富化させる製造技術の確立に成功いたしました。

GABAは、動植物界に広く分布しているアミノ酸の一種です。動物の脳髓に存在し神経の主要な抑制性伝達物質として、脳の血流を活発にし、脳への酸素供給量を増加させ、脳細胞の代謝機能を促進させます。また、脳卒中後遺症、脳動脈硬化症などによる頭痛、耳鳴り、記憶障害、意欲低下などの症状を改善する作用、延髓の血管運動中枢に作用して、血圧を降下させる作用などが認められている物質です。
医薬品として販売されているγーアミノ酪酸製剤(合成品)には、脳代謝促進作用があり、脳梗塞・脳出血後遺症等、脳血管障害の諸症状の改善や血圧上昇抑制効果が認められています。最近のGABAに関する医学分野に於ける研究からは、更年期障害及び自律神経障害にみられる精神症状(怒りっぽい・興奮・不眠・イライラ・不定愁訴等)の緩和に効果があると報告されています。さらに最近では,機能性表示食品の関与成分にもなっております。
 

安定性データStability Data

オリザギャバシリーズは、加工安定性に優れています。

①オリザギャバジャーム-P
耐熱性

γ−アミノ酪酸は、通常の食品の加工温度では熱分解が起りません。
140℃以上の温度で長時間焙煎加工などの加熱処理を行うと熱分解が始まります。

②オリザギャバエキス-C
耐熱性

オリザギャバエキス-Cは、5%水溶液での100℃,4時間の加熱によっても安定しています。

※ギャバ濃度の初期値を100%とした。

pH安定性

 オリザギャバエキス-Cは、幅広いpH領域で安定です。

※5%水溶液(pH5.7/未調整)のギャバ濃度を100%とし、非遮光下、室温で
1週間保存後、ギャバ含量を測定した。

③オリザギャバエキス-HC90
耐熱性

オリザギャバエキス-HC90は、100℃および120℃,1時間の加熱によっても極めて安定であり、通常の食品の加工温度では熱分解が起りません。

※ギャバ濃度の初期値を100%とした。

pH安定性

オリザギャバエキス-HC90は、幅広いpH領域で安定です。

※5%水溶液(pH6.5/未調整)のギャバ濃度を100%とし、非遮光下、室温で
1週間保存後、ギャバ含量を測定した。

安全性試験データSafety profile

残留農薬

オリザギャバエキス-HC90、-HC5において、食品衛生法および農薬取締法(厚生労働省)に準じて、498項目の農薬の有無を調べました。その結果、全項目について基準値(検出限界値)以下であることが判明しました。

測定方法:GC-MS
試験依頼先:株式会社マシス 食品安全評価分析センター
試験成績書発行年月日:平成19年11月5日、平成20年4月2日
依頼No.:15275、20060

急性毒性及び安全性

オリザギャバジャーム-P、オリザギャバエキス-HC90

体重30 g前後、5週令のICR系雄性マウスにオリザギャバジャーム-P、オリザギャバエキス-HC90を2,000 mg/kgの用量で経口投与し、温度23±2℃、湿度50±10%、エサ水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較をおこなったところ、異常な体重変化はみられず、また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って、マウスに対するオリザギャバジャーム-P、オリザギャバエキス-HC90のLD50値は2,000 mg/kg以上です。

オリザギャバエキス-C、-HC5

体重30 g前後、5週令のICR系雄性マウスにオリザギャバエキス-C、-HC5を5,000 mg/kgの用量で経口投与し、温度23±2℃、湿度50±10%、エサ、水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較をおこなったところ、異常な体重変化はみられず、また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って、マウスに対するオリザギャバエキス-C、-HC5のLD50値は5,000 mg/kg以上です。

変異原性試験(Ames 試験)

オリザギャバエキス-HC90

サルモネラ菌株TA1535、TA1537、TA98、TA100及び大腸菌株WP2uvrAを用い、S9mix存在下及び非存在下で,オリザギャバエキス-HC90のAmes試験を行いました。その結果、50~5000 µg/plateの濃度において、変異原性は認められませんでした。

オリザギャバの栄養成分Nutritional profile

オリザギャバ®は、様々な栄養素を含んでいます。特にビタミンB1、B6は、天然食品中トップクラスです。

オリザギャバシリーズ栄養成分比較表

分析試験項目オリザギャバジャーム-Pオリザギャバエキス-Cオリザギャバエキス-HC5オリザギャバエキス-HC90一日の推奨摂取量
γ-アミノ酪酸250~350mg/100g500~700mg/100g5.0% 以上90.0% 以上6~20mg
エネルギー289kcal/100g348kcal/100g329kcal/100g382kcal/100g1650~2650kcal
たんぱく質23.4g/100g13.0g/100g18.7g/100g79.5g/100g50~60g
脂質7.4g/100g0.2g/100g0.5g/100g0.0g/100g
糖質44.7g/100g73.5g/100g62.3g/100g16.1g/100g
ナトリウム7.46mg/100g27.0mg/100g27.5mg/100g910mg/100g
食物繊維9.3g/100g1.7g/100g2.9g/100g0.2g/100g
水分5.8g/100g2.3g/100g3.7g/100g2.0g/100g
ビタミンB19.69mg/100g6.46mg/100gデータ なしデータ なし1.1~1.4mg
ビタミンB20.40mg/100g0.53mg/100gデータ なしデータ なし1.2~1.6mg
ビタミンB62.30mg/100g3.23mg/100gデータ なしデータ なし1.2~1.4mg
亜鉛16.3µg/100g93µg/100gデータ なしデータ なし7~9mg
11.4mg/100gデータ なしデータ なしデータ なし7.5~10.5mg
マグネシウム807mg/100g234mg/100gデータ なしデータ なし270~370mg
イノシトール1.72g/100g503mg/100gデータ なしデータ なし
フィチン酸4.43g/100g1.57g/100gデータ なしデータ なし
ナイアシンデータ なしデータ なしデータ なしデータ なし11~15mgNE
リン2.39g/100gデータ なしデータ なしデータ なし
カルシウム56.0mg/100gデータ なしデータ なしデータ なし
カリウム2.14g/100gデータ なしデータ なしデータ なし
1.05mg/100gデータ なしデータ なしデータ なし0.7~0.8mg
マンガン25.0mg/100gデータ なしデータ なしデータ なし
セレン13µg/100gデータ なしデータ なしデータ なし25~30µg

GABAは、当社調べ
試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行番号 オリザギャバジャーム-P 第NA69030030号,第NA69040583号
第NA69010429号,第199041250号
オリザギャバエキス-C 第397060548号,第306080723号
オリザギャバエキス-HC5 第 301070520
試験依頼先 株式会社 エスアールエル
受付No. オリザギャバエキス-HC90 受付No.057648

*:厚生労働省,日本人の食事摂取基準(2005年版)より(18〜69歳,男女を参考にした)

推奨摂取量Recommended dosage

オリザギャバには、2つのタイプがあります。

「オリザギャバジャーム」

・玄米胚芽の栄養素をそのまま生かした粉末など2タイプ

オリザギャバジャームは、胚芽の自然な発芽反応を利用し、蓄積されたGABAを元来米胚芽が持つ様々な栄養素と同時に摂取できるようにしました。
色々な食品に応用が可能で、その香ばしい香りと味は、様々な食品と調和します。

オリザギャバジャーム-P
(100%米胚芽からできている粉末、2.4g〜8gで使用するタイプ)

オリザギャバ21
(Pの打錠品500mg×210粒入りパッケージ)

「オリザギャバエキス」

・水溶性成分だけを抽出しGABAを濃縮した水溶性タイプ

オリザギャバエキスは、GABAの濃度を高めると共に水溶性の栄養素を玄米胚芽より抽出し、濃縮乾燥した粉末状の製品です。この製造方法により、従来では利用しにくいと言われていた飲料や、調味料、スープ等にも応用できるようになりました。健康食品の分野だけでなく、広範囲な加工食品分野における用途が期待できます。

オリザギャバエキス-C
(1.2g〜4gで使用するタイプ)

オリザギャバエキス-HC5
(120mg〜400mgで使用する高濃度タイプ)

オリザギャバエキス-HC90
(6.7mg〜22mgで効果が使用する高濃度タイプ)

応用例Application Example

利用方法具体例
飲料胚芽茶、ブレンド茶、栄養補助ドリンク等
乾燥食品スープ類、乾麺類、ふりかけ、炊飯改良剤等
菓子あられ、クッキー、ウェハース等
発酵食品味噌、醤油、パン、ヨーグルト等
その他健康食品、医療用食品等