製品案内 Product

製品情報 Product

製品名性状内装外装重量用途
シソの実エキス-P粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
シソの実エキス-WSP水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
シソの実エキス-PC粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
シソの実エキス-WSPC水溶性粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
シソの実エキス-L液体キュービーテナーダンボール包装5kg食品
シソの実エキス-LC液体キュービーテナーダンボール包装5kg化粧品
シソ油ブリキ缶ダンボール包装16kg食品・
化粧品

原料情報 Raw materials

  • 安定性データ
  • 安全性試験データ
  • 栄養成分
  • 推奨摂取量
  • 応用例

製品企画書を見る



原料・素材についてRaw materials

シソの実エキスの原料

シソの実エキスは、シソやエゴマなどのシソ科植物の種子から、ポリフェノール類を高純度に取り出し、商品化したものです。

"シソ"はシソ科シソ属に分類され、同科・同属にはエゴマ、レモンエゴマなども含まれています。シソとエゴマは外観、有効成分がほとんど同一で、生薬として用いられる場合、混同して使用されることもしばしばあります。シソ、エゴマ種子の日本における歴史は古く、岐阜県北部や長野県では、郷土料理の材料として用いられてきました。これらの地方では現在も"エゴマ"の名で広く親しまれています。

シソの実エキスの成分

シソの実エキスの成分は、ルテオリン、アピゲニン、クリソエリオールなどのフラボノイドや、ロスマリン酸などのポリフェノール類です。自然界に分布するフラボノイドの多くは、配糖体として存在することが知られていますが、シソの実エキスには、アグリコンの形で多量に含まれています。

図1. シソの実エキスに含有されるポリフェノール類

安定性データStability Data

耐熱性

シソの実エキスの有効成分は、通常の食品加工温度に対して安定です。

図3. シソの実エキスの耐熱性

pH安定性

シソの実エキスの有効成分は、中性から酸性領域において特に安定で、塩基性ではやや不安定です。

0.05%シソの実エキス(30%エタノール溶液)
pH5.6(未調整)のときのポリフェノール量を100%とした
図4. シソの実エキスのpHに対する安定性

安全性試験データSafety profile

残留農薬
分析項目結果検出限界分析方法
BHC検出せず0.02ppmガスクロマトグラフ法
DDT検出せず0.02ppmガスクロマトグラフ法
アルドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
デイルドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
エンドリン検出せず0.01ppmガスクロマトグラフ法
ダイアジノン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法
パラチオン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法
マラチオン検出せず0.05ppmガスクロマトグラフ法

試験依頼先 財団法人 日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成9年7月14日
試験成績書発行番号 第397060549-002号

H18年度検疫所モニタリング検査全項目(447項目456物質)

H18年度検疫所モニタリング検査全項目(447項目456物質)において農薬は検出されませんでした。

試験依頼先 株式会社 マシス
試験成績書発行年月日 平成18年11月20日
試験成績書発行番号 8338

急性毒性及び安全性

体重20 g前後、4週齢のICR系雄性マウスにシソの実エキス-Pを2,000 mg/kgの用量で経口投与し、温度23±2℃、湿度50±10%、エサ、水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。コントロール群との比較をおこなったところ、異常な体重変化はみられず、また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。従って、マウスに対するシソの実エキスのLD50値は2,000 mg/kg以上です。
※ヒトに対して1日 2.2gを2週間投与した結果、異常は認められませんでした。

シソの実エキス-LCの安全性

① 皮膚一次刺激性(白色ウサギ、非希釈、刺激指数は0であり非刺激性)

3匹の白色ウサギの皮膚に、シソの実エキス-LCを塗布し、4時間接触させました。この方法は1984年9月19日のOfficial EEC Gazette に示されている方法に従って行いました。接触1、24、48、72時間後の皮膚を観察したところ、広い範囲で皮膚の落屑や変化は認められませんでした。従って以上の条件で行った結果、シソの実エキス-LCは、白色ウサギの皮膚に対して無刺激でした。

② 眼刺激性(白色ウサギ、非希釈、わずかな刺激)

3匹の白色ウサギの目に0.1mlのシソの実エキス-LCを点眼しました。目は洗浄しませんでした。この手順はOECDガイドラインNo 405 1987年2月24日とEEC ガイドライン 67/548 に従いました。以上の条件で行った結果、シソの実エキス-LCはわずかな刺激が示されました。

③ 感作性モルモット(非希釈、感作性なし)

最大濃度においてシソの実エキス-LCは動物試験において感作性を示しませんでした。同じ条件で行った対象(1-chloro 2-4 dinitorobenzene 1%)には明らかな反応がありました。

④ ヒトパッチ試験(20%、刺激性なし)

12人のヒトに対して、0.03gのシソの実エキス-LCをフィンチャンバーを用いて24時間閉塞貼付を行い、直後と24時間後に判定を行いました。以上の条件で行った結果、全て陰性であり、シソの実エキス-LCには刺激反応は認められませんでした。

シソの実エキスの栄養成分Nutritional profile

分析項目シソの実エキス‐Pシソの実エキス‐WSP*シソの実エキス‐L*
水分3.1g/100g3.1g/100g79.0g/100g
たんぱく質0.9g/100g0.9g/100g0.6g/100g
脂質0.2g/100g0.2g/100g0.1g/100g
灰分0.8g/100g0.8g/100g0.5g/100g
糖質95.0g/100g95.0g/100g95.0g/100g
エネルギー385kcal/100g385kcal/100g83kcal/100g
食物繊維検出せず検出せず検出せず
ナトリウム7.1mg/100g7.1mg/100g4.7mg/100g

試験依頼先 財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成09年07月14日
試験成績書発行番号 第397060549‐001号
*:シソの実エキス‐Pの栄養成分分析値からの計算値である。

試験依頼先:株式会社エスアールエル
試験成績書発行年月日:平成22年2月17日
依頼番号:第201002030028号

推奨摂取量Recommended dosage

シソの実エキス-P(粉末)及びシソの実エキス-WSP(粉末)100~150mg/日、シソの実エキス-L(液体)150~225 mg/日の摂取をおすすめします。

応用例Application Example

利用方法具体例
菓子キャンディー、グミ、錠菓、ガム、クッキー、ウエハース、プリン、ゼリー、ヨーグルト等
飲料機能性ドリンク、健康補助ドリンク等
サプリメント形状食品カプセル、錠剤等
化粧品石鹸、洗顔料、シャンプー、リンス、化粧水、 ローション、ファンデーション、リップクリーム、口紅、歯みがき、消臭スプレー等等