製品案内 Product

オランダビユ果実油(フィトレチノール®)

製品情報 Product

製品名規格書性状内装外装重量用途
オランダビユ果実油(フィトレチノール®)-3

-3(201031)

アルミ袋ダンボール包装5kg食品
オランダビユ果実油(フィトレチノール®)-P1

-P1(201031)

粉末アルミ袋ダンボール包装5kg食品
オランダビユ果実油(フィトレチノール®)-3C

-3C(201111)

アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品
オランダビユ果実油(フィトレチノール®)-PC1-PC1(201031)粉末アルミ袋ダンボール包装5kg化粧品

原料情報 Raw materials



原料・素材についてRaw materials

フィトレチノール®は、バクチオールを主成分とするオランダビユの果実油を原料にしています。オランダビユの果実は、アーユルヴェーダや漢方で強壮を目的に使用されており、国内でもOTC医薬品やサプリメントに配合されています。そこでオリザ油化では、レチノイド類似作用を有する成分、「バクチオール」を規格化したフィトレチノール®を開発しました。

図1.オランダビユの花部

安定性データStability Data

熱安定性

フィトレチノール®-3およびP1の熱安定性を検討した結果、バクチオール含量は100℃または120℃で1時間加熱した場合においても変化が見られず、通常の食品加工温度に対して安定であることが分かりました。

図2. フィトレチノール®-3、P1の熱安定性(初期値を100%とした)各温度で1時間加熱

安全性試験データSafety profile

残留農薬

オランダビユ果実油について、食品衛生法(厚生労働省)で残留基準値が定められた 504農薬について調査しました。その結果、いずれの農薬においても基準値以下でした。
試験依頼先:SUNATECH、試験成績書発行日:2020年10月26日
成績書番号:第201009631-003-01号 試験品名:オランダビユ果実油

急性毒性試験(LD50

医薬品の単回投与毒性試験ガイドラインに従い、動物に負担のかからない許容最大量である2,000 mg/kgのオランダビユ果実油(ソラレン除去品)を絶食下のddY系雌雄マウス(6週齡、日本エスエルシー)に経口投与し、14日間飼育・観察を行いました。その結果、死亡例や体重推移の異常(対照群との比較)は認められず、試験終了後に行った剖検においても、臓器の肉眼的異常は認められませんでした。したがって、オランダビユ果実油のマウスにおけるLD50値(経口投与)は、雌雄ともに2,000 mg/kg以上です。

Ames試験

オランダビユ果実油について、ネズミチフス菌 TA98、TA100、TA1535、TA1537および大腸菌WP2を用いて、Ames 試験を行いました。その結果、直接法、代謝活性化法ともに、19.5~5,000 μg/plateの濃度で変異コロニー数の増加は認められませんでした。この結果より、オランダビユ果実油には変異原性は無いものと考えられます。

光毒性試験

オランダビユ果実油(ソラレン除去品)およびバクチオールについて、細胞および動物を用いた光毒性安全性試験を実施した結果、ともに光毒性は確認されませんでした。

その他毒性試験

フィトレチノール®-3C(フィトレチノール®-3の化粧品グレードの名称)を使用して、皮膚一次性試験(Labcyte EPI法/OECD439)、累積皮膚刺激性試験(RIPT法、53人)、感作性試験(RIPT法、53人)および眼刺激性試験(EpiOcular法/OECD492)について評価した結果、全ての試験において陰性(無刺激性)でした。

 

フィトレチノール®の栄養成分Nutritional profile

分析項目 3(オイル)分析方法
水分<0.1 g /100g 常圧加熱乾燥法
タンパク質<0.1g/100gケルダール法
係数: 6.25
脂質100g/100g 酸分解法
灰分 <0.1g   /100g 直接灰化法
炭水化物0g/100g

1,2

 
エネルギー900kcal/100g3修正アトウォーター
食物繊維0g/100g プロスキー法
ナトリウム0.4  mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量<0.01/100gナトリウムから換算

栄養表示基準における栄養成分等の分析方法などについて
(平成27年3月30日消食表第139号)による。
注1) 計算式:100-(水分+タンパク質+脂質+灰分+食物繊維)
注2) 計算式:100-(水分+タンパク質+脂質+灰分)
注3) エネルギー換算係数:タンパク質 4; 脂質 9; 糖質 4; 食物線維2
試験依頼先:SUNATECH、試験成績書発行日:2020年10月20日
成績書番号
フィトレチノール®-3 :第201009631-002-01号


推奨摂取量
Recommended dosage

フィトレチノール®-3として、1日あたり35 mg、
フィトレチノール®-P1として、1日あたり100 mgの使用をおすすめします。